下着は「肌に直接付ける衣類のこと」。

「パンツ」と言い換えると分かりやすい。

肌着は「肌に密着している衣類のこと」。

「ブラジャー」と言い換えると分かりやすい。

ランジェリーは「基本的に女性の肌着のこと」。

「下着」と言い換えると分かりやすい。

いずれも上着に対する言葉で肌に直接または近くに付けるものになります。

「下着」は上着の下に付けるものです。

「下着」は肌に最初に付ける衣類のことで、パンツやブラジャー・靴下などを指します。

上着に対する言葉なので、基本的には外観では隠されているものになります。

あくまで上着に対しての下着なので、下着のみでは外出は当然出来ません。

また、下着がないと上着が肌についてしまい、大変な不快感・違和感が生じてしまいます。

「肌着」も下着のことです。

「肌着」は下着と同じように言っても良いものですが、肌により密着している感じがある言葉です。

汗取りのため、保温のための衣類と考えると分かり易いかも知れません。

キャミソールやタンクトップなどは下着でも肌着でもよく、人により認識が違うこともあります。

英語では「肌着」は「インナーウェア」と訳されますので、「下着・肌着」とは少し違うニュアンスになります。

「ランジェリー」は女性用下着のことです。

「ランジェリー」はフランス語の「ラーンジュ」が語源になった言葉で、基本的に女性の下着類のことを指します。

機能としてはブラジャーが目立たなくなること、ファッション性があればワンポイントで外部に見せることができること、冬の静電気を防止し上着が着易くなることなどです。

スリップ・キャミソール・ペチコート・ブラスリップなどあります。

「下着・肌着・ランジェリー」は上着の下の着る物です。

上着を着るために必要なものが「下着」「肌着」「ランジェリー」になり、それを付けずに上着だけでは違和感と不快感が生じてしまいます。

「下着」と「肌着」の厳密な区別はなくどちらでも混同して使っても良いようです。

「ランジェリー」は下着の上に着る物で、より上着を着易く心地よくするものになります。

一部はワンポイントでファッション性を持たしたものもあります。

おすすめの記事