「カフェオレ」は、コーヒにほぼ等量のミルクを入れた温かいフランスの飲み物です。

フランス語で「caf? au lait」で表されます。

「コーヒ牛乳」は、牛乳などの乳製品にコーヒおよび砂糖などで味付けした飲料の通称です。

英語では「coffee milk」で表されます。

「カフェラテ」は、温めた牛乳を加えたエスプレッソコーヒのことです。

イタリアの飲み物です。

イタリア語で「caffe latte」で表されます。

「カフェオレ」の意味

「カフェオレ」は、フランス語で「ミルク入りコーヒ」のことです。

フランスの一般的な朝食の飲み物です。

フランスの朝食は、「クロワッサンとカフェオレ」といわれます。

大ぶりのカップに濃いコーヒと温めた牛乳を等量入れて作ります。

好みで砂糖も入れます。

日本でもポヒュラーになりました。

フランス語で「caf? au lait」と表されます。

「コーヒ牛乳」の意味

「コーヒ牛乳」は、牛乳などの乳製品にコーヒおよび砂糖などで味付けした飲料の通称です。

英語では「coffee milk」と表されます。

日本では、1923年(大正12年)に守山乳業が製造しました。

まだ日本で普及していなかった牛乳とコーヒを広めようと、守山乳業の創業者が試行錯誤の末に開発しました。

銭湯や温泉では、瓶詰のコーヒ牛乳が定番となっています。

2003年(平成15年)以降、生乳100%のものしか「牛乳」と表記してはならないことになりました。

そのため、コーヒ牛乳は「コーヒ入り乳飲料」と分類されるようになりました。

商品名は「カフェ・オ・レ」「カフェ・ラッテ」「ミルクコーヒー」などが使用されています。

「カフェラテ」の意味

「カフェラテ」は、温めた牛乳を加えた「エスプレッソコーヒ」のことです。

イタリア語では「caffe latte」と表されます。

<エスプレッソコーヒ>
「速い」の意味から、細かく挽いた深入りのコーヒ豆に圧搾蒸気を通して一気に入れた濃いコーヒのことです。

または、それをいれる器具を指します。

イタリア語では「espresso」と表します。

「カフェオレ」はコーヒと等量の牛乳を混ぜたフランスの温かい飲み物、「コーヒ牛乳」は日本で開発されたコーヒと牛乳と砂糖などを混ぜた乳製品、「カフェラテ」はエスプレッソに温かい牛乳を混ぜたイタリアの飲み物のことです。

「カフェオレ」は、フランス語で「ミルク入りコーヒ」のことです。

フランスの一般的な朝食の飲み物です。

大ぶりのカップに濃いコーヒと温めた牛乳を等量入れて作ります。

「コーヒ牛乳」は、牛乳などの乳製品にコーヒおよび砂糖などで味付けした飲料の通称です。

2003年(平成15年)以降、コーヒ牛乳は「コーヒ入り乳飲料」と分類されるようになりました。

「カフェラテ」は、温めた牛乳を加えた「エスプレッソコーヒ」のことです。

イタリアの飲み物です。

「エスプレッソコーヒ」は、細かく挽いた深入りのコーヒ豆に圧搾蒸気を通して一気に入れた濃いコーヒのことです。

おすすめの記事