チョコは「カカオ豆から作られる甘いお菓子のこと」。

「カカオマス」と言い換えると分かりやすい。

ホワイトチョコは「ココアバターから作られる甘いお菓子のこと」。

「ココアバター」と言い換えると分かりやすい。

チョコはカカオ豆を発酵・焙煎したカカオマスから作られます。

ホワイトチョコはカカオマスの脂肪分であるカココアバターから作られるのです。

「チョコ」はカカオマス
「チョコ」はカカオマスに砂糖・ミルク・香料などを混ぜて様々な種類のものを作ります。

ミルク・砂糖を含まないブラックチョコ・ミルクを含まないスィートチョコ・ミルクが少し入ったセミスィートチョコ・ミルクがタップリ入ったミルクチョコ・チョコドリンクなどになります。

板チョコや果実の実を入れたアーモンドチョコ・カシューナッツチョコ・お酒を入れたチョコなどがあります。

「ホワイトチョコ」ハカカオマスの脂肪分である「カカオバター」から作られます。

カカオマスからココアバターを取り出すと、白いものになります。

それに砂糖やミルク・香料を加えて出来たものが「ホワイトチョコ」となるのです。

除去されたカカオマスは「チョコ」の原料ですから、苦みもあり色もついています。

「ホワイトチョコ」は35%以上のココアバターを使っていれば「チョコレート」と言えるのです。

カカオマスからは「チョコ」と「ココア」と「ホワイトチョコ」が出来ます。

「チョコ」はカカオ豆を発酵させ焙煎したものを「カカオマス」と言い、それから作られます。

「カカオマス」には脂肪分が半分ありますが、そのまま使うものを「チョコ」と言い、脂肪分を10%に抑えて粉末にしたものが「ココア」になり、除去された脂肪分、つまり「カカオバター」のみで作るのを「ホワイトチョコ」と言います。

「チョコ」と「ホワイトチョコ」

「チョコ」とはチョコレートのことで、カカオ豆から作られるお菓子です。

カカオ豆は収穫後、発酵されその後やや低温の焙煎をし、すり潰して「カカオマス」にします。

それから「チョコ」が作られるのです。

「ココア」は脂肪分である「カカオバター」を少し残して粉末にしたものです。

「ホワイトチョコ」はカカオバターのみで作られる白いチョコになります。

おすすめの記事