育毛剤は「現在の状態を維持し、脱毛・薄毛を予防する目的のものこと。」

「脱毛予防剤」と言い換えると分かりやすい。

発毛剤は「現在ない毛を育てる目的のものこと」。

「発毛促進剤」と言い換えると分かりやすい。

発毛剤の方が強い感じがするもので、医療品に指定されています。

育毛剤は予防的効果を期待するもので医療品か医療部外品になります。

「育毛剤」はまだ毛が残っている人向け
「育毛剤」は現状維持を目的にしていますから、まだ毛がある程度残っている人に向いたものと言えます。

これから起きるかも知れない、脱毛や薄毛を予防する効果があるとされています。

現在あるしっかりとした毛の育成を促進し、抜け毛にならないようにすることです。

また、頭皮のケアも目的で、ふけやかゆみを抑える働きも期待出来るものです。

「発毛剤」は医療品
「発毛剤」は中年以降の人向けと言えます。

医療品に指定されているために、強い作用や副作用があります。

すでに抜け毛や脱毛症がある人が使うものになります。

男性ホルモンを抑えることや抜け毛の進行を抑えること目的としているのです。

副作用もあり使用には人により注意が必要です。

例えばミノキシジルという血管拡張の効果があるものは、もともとは高血圧の薬だったのです。

「育毛剤」と「発毛剤」を併用する人もいます。

何を使ってよいのか分からない人は「育毛剤」も使い「発毛剤」も使っているようです。

「育毛剤」は予防薬の面が強いのですが、「発毛剤」は治療薬の面が強いという意識がないと、どちらも毛が増えるものという意識で使うのかも知れません。

使い方をよく知っておくことが大事になります。

中には副作用もある薬も入っていることを認識する必要があります。

「育毛剤」と「発毛剤」

「育毛剤」は予防的なものです。

頭毛がまだ健康な状態の人向けと言え、現状維持及びこれから起きるかも知れない抜け毛や薄毛を予防するものです。

別名養毛剤とも言います。

「発毛剤」は医療品で治療を目的にしています。

既に抜け毛が起きている人に使用するもので、ある程度の作用・副作用があるものです。

特に男性ホルモンが入っている場合が多いため、十分な認識をもって使うことが必要です。

おすすめの記事