シティホテルは「都市部に有るホテルのこと」。

「観光向けホテル」と言い換えると分かりやすい。

ビジネスホテルは「出張するヒジネスマンのためのホテルのこと」。

「出張向けホテル」と言い換えると分かりやすい。

シティホテルは普通都市部の中心に有って一般向けのホテルですが、ビジネスホテルは名前の通り仕事で移動するビジネスマン向けのホテルです。

「シティホテル」の利用目的は様々
「シティホテル」とはビジネスは勿論、観光やレジャー目的でも利用されるホテルですから、ただ宿泊するというものではありません。

都市に位置している「シティホテル」は、都市を満喫したいという願望を持つ客が宿泊すると考えられますので、それなりの設備を備えているのです。

高級なレストランやバー、プールなどもあります。

「ビジネスホテル」は仕事で出張してきた人向けのホテル
「ビジネスホテル」は仕事をしている人を想定したホテルです。

ですから、遊びの部分はないのでそのような設備はしていません。

基本的に寝る場所があればよいのですから、それなりの簡素な設備になっています。

シングルが多く、部屋もシティホテルなどより狭くても良いのです。

仕事用ですから、交通の便は良くないと困りますので、駅前や繁華街に位置しているホテルが多くなります。

私は仕事では「シティホテル」より「ビジネスホテル」を利用しています。

サラリーマンが出張する場合、まず「ビジネスホテル」を探しますが、満室の場合のみ「シティホテル」を探します。

なんといっても料金が低く抑えられていることが魅力ですし泊まることが目的ですから、8,000円以下でないと困ります。

会社の決められた出張経費以内に抑えたいと考えるためです。

シティホテルですと1万円以上はします。

「シティホテル」は一般客のホテル、「ビジネスホテル」はビジネスマンのためのホテル
「シティホテル」は観光目的の一般の客が利用する大型ホテルのイメージがあり、「ビジネスホテル」は小規模で簡素なイメージを持つホテルです。

設備や料金もそれなりのものになり、利用目的ではっきり分かれています。

しかし、中には両方の利点を取り入れてホテルもありますので、一概には分けられないようになっています。

おすすめの記事