「柄杓」は、湯や水などをくみ取る道具です。

英語では「a dipper」「a ladle」で表されます。

「柄杓で樽から水をくむ」は「dip water from a barrel」です。

「杓子」は、飯や汁をすくう道具です。

英語では「a ladle」「a wooden ladle」で表されます。

「猫も杓子も」は「everybody and his brother」「every Tom, Dick and Harry」です。

「杓子定規」は「stick to the rule」「go by the book」「a stickler for rules and regulations」です。

「柄杓」の意味

「柄杓」は、以下のような意味です。

①湯や水などをくみ取る道具です。

「瓢・ひさこ」の転です。

「杓」の音から出たものと考えるのは誤りです。

頭の部分は椀状で、それに柄をつけた物です。

竹・木・金属などで作られます。

「杓」「ひさく」とも呼ばれました。

②茶の湯で茶釜から湯をくみ取るための道具です。

以下のように使います。

茶席の柄杓立を用意する
柄杓を取って手に水をかける

「杓子」の意味

「杓子」は、飯や汁をすくう道具です。

汁用は、頭の部分が小皿状でこれに柄をつけた物です。

飯用は、先の丸い平板状のものです。

古くから木製と貝製があります。

飯をすくう物を「飯匙・いいがい」と称しました。

一般的には飯用の杓子を「しゃもじ」といいます。

「しゃもじ」は、女房ことばです。

現在では、プラスチック製や金属製のものが多く販売されています。

以下のように使います。

杓子定規
杓子で汁をすくって椀に盛る
杓子で腹を切る(不可能なことの例え)

<関連語の茶杓>

「茶杓」は、抹茶をすくうさじのことです。

竹・象牙・金属・木地・塗りもので作られています。

珠光形・利休形などがあります。

「茶さじ」「さしゃく」とも呼びます。

英語では「a tea spoon」「a tea ladle」で表されます。

茶杓は「本」で数えますが、茶杓が入れ物に入った状態の時は、「筒・つつ」でも数えます。

<杓の漢字>
字義は「柄杓の柄」「北斗七星の柄にあたる部分」「ひく・引き上げる」です。

解字では、「木+勺」で構成されます。

「勺」は「ひしゃく」を表します。

「木」を付して「柄杓の柄」を意味します。

「柄杓」は、 湯や水などをくみ取る道具です。

「杓子」は、 飯や汁をすくう道具です。

「柄杓」「杓子」は、類語です。

「茶杓」「しゃもじ」「お玉杓子」は、これらの言葉の関連語です。

共通する意味は「水・汁・飯などをすくうための道具」です。

「柄杓」は、水をくみ取るための物です。

椀状の容器に長い柄がついています。

「杓」ともいいます。

「杓子」は、汁や飯をすくう道具です。

「茶杓」は、茶の湯の抹茶をすくう小さなさじをいいます。

「しゃもじ」「お玉杓子」は、汁や飯などをすくう道具です。

「しゃもじ」は飯を、「お玉杓子」は汁をすくいます。

「お玉」ともいいます。

おすすめの記事