ネックレスは「首回りに付ける装飾品のこと」。

「首飾り」と言い換えると分かりやすい。

ペンダントは「ネックレスの先端にペンダントトップという飾りが別に作られたもののこと」。

「トップ付首飾り」と言い換えると分かりやすい。

チョーカーは「首の周囲にピッタリしている短めの首飾りのこと」。

「装飾首輪」と言い換えると分かり易い。

「ネックレス」は首に付けるものです。

「ネックレス」は装飾品で首に付けるものの総称をいい、長さがいろいろあります。

また、ペンダントのようにトップが無く全体が同じように繋がっているものを指します。

金銀プラチナ鎖のようなもの、真珠などを繋いだもの、ヒモのようになっているものを言います。

「レス」は「レース」のことでヒモのようなものが語源となったものです。

「ペンダント」はペンダントトップがあるネックレスのことです。

「ペンダント」はチェーンの先にペンダントトップと言う装飾品を付けたものです。

ペンダントトップにはダイヤモンドや真珠・ターコイズ・オパール・ルビーなどの宝石が多いのですが、他にもコインをあしらったもの、金銀ブラチナ装飾品、デザイン化された装飾ものなど多彩です。

また、小さ目のワンポイントで付けられるトップを持つペンダントは「チャーム」と呼ばれています。

「チョーカー」は首輪のことです。

「チョーカー」は短めのネックレスで首回りを丸状に一周しているもので、ペンダントやネックレスのように垂れ下がるものではありません。

首回りを装飾するものを言いますから、ヒモでもレースでも切れていてもいいのです。

首にヒィットする装飾品であればチョーカーと言えるのです。

チョーカーとネックレスを併用することもあります。

「ネックレス」は首飾りの総称です。

「ネックレス」は首回りに付ける装飾品のことですから、広い意味ではペンダントもチョーカーもチャームも含まれます。

「狭い意味では「ネックレス」は均一の鎖や均一または徐々に大きくなる真珠が連なったものなどをいい、「ペンダント」はトップが付いたもの(トップとは宝石などを装飾したもの、金銀プラチナ装飾品など)をいいます。

「チョーカー」は首を装飾するもので金属とは限りません。

おすすめの記事