ブランディングは「ブランドを作る上げること」。

「ブランド作り」と言い換えると分かりやすい。

マーケッティングは「顧客ニーズを探り収益につなげること」。

「収益作り」と言い換えると分かりやすい。

プロモーションは「顧客の購買意欲を喚起すること」。

「購買意欲作り」と言い換えると分かりやすい。

プロモーションはマーケッティングの一つです。

「ブランディンク」とはブランドを作ることです。

「ブランディング」は「ブランド」と言う目には見えないものを消費者に認めてもらうことです。

一度ブランドと認知してもらえれば、価格はブランド代として高く設定ができます。

ブランド価値が落ちれば価格競争になり、評判は落ちてしまいます。

ブランドを作るには、まず雑誌・テレビなどのメディアを活用します。

そのブランドのイメージを作り上げ定着させるのです。

「マーケッティング」は顧客の求めるものを感知し収益につなげることです。

「マーケッティング」は自社製品をいかに消費者に買ってもらえるのかを探る手法です。

どのような商品が好まれるのか、価格はいくらがよいのか、どの様な方法で知らせるのか、どの様に届けるのかなどを模索することです。

簡単に言えば「リサーチ」により、調査をし、「宣伝広告」を掛け、「データ分析」により顧客のニーズを掴むことです。

「プロモーション」とは宣伝のことを言います。

「プロモーション」はいわゆる宣伝活動のことで、顧客の購買意欲を刺激する手法です。

「宣伝」「広報」「PR活動」などで商品を売り込むことです。

「プロモーションビデオ」は良く聞く言葉ですが、ミュージシャンが売り込みに作るビデオです。

「プロモーション」は「マーケティング」の4Pの一つとしてとらえると分かり易くなります。

4Pとは製品・価格・流通・販促(プロモーション)のことです。

これらは商品を市場に広めるのに必要なことです。

「ブランディング」は商品を新たなブランドに仕上げるイメージづくりのための方策、「マーケッティング」は商品をいかにして市場に送り出すのかと言う調査などの方策、「プロモーション」も「マーケッティング」の4Pの一環に位置付けられている宣伝などの方策で、これらは開発した製品や商品を消費者に届けるための方策となります。

おすすめの記事