丁寧語は「普通より丁寧な話し方言葉のこと」。

「ですます調言葉」と言い換えると分かりやすい。

尊敬語は「丁寧語より敬意をこめて上の人に言う言葉のこと」。

「対目上言葉」と言い換えると分かりやすい。

謙譲語は「自分をヘリ下って言う言葉のこと」。

「卑下言葉」と言い換えると分かりやすい。

これらはすべて敬語になります。

「丁寧語」は普通より丁寧な言葉のことです。

「丁寧語」とは「だ、である」より丁寧な言い方になり「です、ます」を使います。

普通自分より目上の人に対して使いますが、対等と思われる場合でも使う方が無難です。

相手に対する尊敬の念があると受け取られるためです。

「丁寧語」の動詞は例えば、「見る・聞く・話す・言う・食べる」が「見ます・聞きます・話します・言います・食べます」となります。

「尊敬語」は目上に対する言葉です。

「尊敬語」とは例えば、「見る・聞く・話す・言う・食べる」が「ご覧になる・お聞きになる・おっしゃる・召し上がる」になります。

「丁寧語」より丁寧で尊敬の念が感じられる言葉です。

普段「丁寧語」を話す人でも、より目上の人には「尊敬語」を使いませんと、周囲は違和感を覚えるかも知れませんので、なるべく「尊敬語」を熟知して対応した方が無難です。

「謙譲語」は自分を下にすることで敬意を表す言葉です。

「謙譲語」とは例えば、「見る・聞く・話す・言う・食べる」が「拝見する・うかがう・申し上げる・いただく」となります。

他にも言い方があり「拝聴する・承る」などがあります。

「謙譲語」は自分を相手より下に感じさせる言葉ですから上手に使わねばなりません。

よくある言い回しで「お名前を頂戴しても良いですか」は「お名前を承ってもよろしいですか」とした方が正しいのです。

「丁寧語・尊敬語・謙譲語」は「敬語」です。

これらの言葉は敬語と言われている言葉になります。

敬語とは聞き手に対して尊敬の念を表すために使われる言葉になります。

敬語は「丁寧語」「尊敬語」「謙譲語」の種類に分けられます。

外国語にはあまり例のないことのため、日本在住の外国人が必ず苦労する言葉の壁になります。

「丁寧語」は丁寧な言い方、「尊敬語」は相手を持ち上げる言い方、「謙譲語」は自分を下にして相対的に相手を持ち上げる言葉になります。

おすすめの記事