卵は「一般的に生き物の生んだ卵のこと」。

「生きている卵」と言い換えると分かりやすい。

玉子は「調理用の鶏の卵のこと」。

「調理用卵」と言い換えると分かりやすい。

卵は生物学的な呼び方で一般的に使用されています。

玉子とあえて言う場合は、これから調理するために用意された卵、それも鶏の卵になります。

食用になるとイクラやメンタイコのように名前が変化する傾向なのかも知れません。

「卵」は産み落とされた自然界のものです。

「卵」は卵生の動物が産み落とした、自然界に存在する孵化を待っているものになります。

魚は例外日として、卵は普通暖められて一定の日にちが経つ、と孵化をし新しい命が誕生するのです。

卵生動物は、魚類・両性類・爬虫類・鳥類や昆虫などが含まれます。

「玉子」との違いを言う場合の「卵」はほとんどが鶏の「卵」になります。

「玉子」とは調理するための「卵」の事です。

「玉子」と言う場合は、これから調理して食べる目的のための「卵」のことで、予めその目的で産み落とされた「卵」は流通過程からスーパーなどの店頭に並ぶと「玉子」と名を変えます。

「玉子」は料理された後でも「玉子」と言い、例えば「玉子焼き」「玉子丼」と言いますが、「茹で卵」は「茹で玉子」とはならないのは、より「卵」に近いせいかも知れません。

「卵」から「玉子」になるのは店頭に並んでからなのか。

「玉子」は販売されている過程では既に「玉子」と言っています。

「卵」と言う言葉は古くからあり、「玉子」の方は丸い形や子が入っていることから呼ばれたということです。

現在でも両方の言い方があり、ケースバイケースとも言えます。

店頭の「卵」は「卵」と言うと生々しい感じがするため、「玉子」とした方が良いのでしょう。

「卵」は自然界のもの、「玉子」は食べるためのもの。

いわゆる「卵」とは自然界にいる多くの生物が産み落とすもので、多種多様の大きさや色をしています。

「玉子」は鶏の「卵」のことを指し、食べる目的のために生産され、販売されるものを言います。

料理する食材としての「卵」は「玉子」とした方が、見た感じが良いのでしょう。

例外的に「卵かけご飯」「茹で卵」などがあります。

おすすめの記事