ハイキングは「野山の自然を求めて歩くこと」。

「自然散策」と言い換えると分かりやすい。

ピクニックは「自然に親しみ昼食をすること」。

「昼食会」と言い換えると分かりやすい。

遠足は「体を鍛えることが目的の歩行訓練のこと」。

「課外活動」と言い換えると分かりやすい。

皆、山や野などの自然の中で行うものですが、目的が異なります。

「ハイキング」は自然の中を歩くことが目的です。

「ハイキング」は自然環境の中に出向き、自然を満喫しながらもっぱら歩くことが目的です。

場所は山の近くや野原、川沿い、丘など自然があれば良いのです。

装備も軽装でよく、春や早春、秋などの季節が楽しめることも必要です。

やや長距離を歩くことになりますので、リーダーを決めておき計画をしっかり立てることも求められます。

「ピクニック」は楽しく昼食を摂ることが目的です。

「ピクニック」は自然の中に出掛けていき、余りきついコースは選ばないで、子供でも十分に歩ける範囲で行います。

目的は楽しくみんなで昼食会をすることですから、天気が良く良い季節に行くことになります。

服装も歩きやすい軽装でよく、日差し除けに帽子は必要です。

疲れたら休憩をとるなど、自由な雰囲気で行いますのでリーダーを決めたりはしません。

「遠足」は学校の課外活動の一つです。

「遠足」は小学校、中学校、高校などの課外活動の一環として行われます。

目的は体力増強ですから、多少の距離はあることが多いです。

自然の中、余り起伏のない場所で目的地を決めて歩きます。

クラスごとに行うのが一般的ですが、グループ毎になることもあります。

また、仲間同士結束して目的地まで頑張ることも狙いの一つです。

「遠足」「ハイキング」「ピクニック」の順に自由度が増します。

三つを自由度から比較しますと、「遠足」が一番規律や結束を求められますので、自由度はありません。

「ハイキング」はリーダーが決められていて、一定の統率が求められますので、やや堅苦しい雰囲気はあります。

「ピクニック」は家族や友人と行くことが多く、楽しい自由な雰囲気で、余り縛られないので一番自由度があります。

おすすめの記事