「突進」は、目標に向かって勢いよくまっしぐらに突き進むことです。

英語では「a rush」「an onrush」「a charge」「dush」で表されます。

「選手はゴールめがけて突進した」は「The player charged at the goal.」「The player lunged at the goal.」です。

「肉薄」は、身をもって迫ることをいいます。

英語では「come close」「press hard」で表されます。

「敵陣営に肉薄した」は「We closed in on the enemy camp.」です。

「突進」の意味

「突進」は、目標に向かって勢いよくまっしぐらに突き進むことです。

以下のように使います。

敵陣に突進する 突進してくる車 無謀にも山道を突進していった
ゴール目指して突進する 向こう見ずにも突進してくる


他動詞では、「~を打ち付ける」「~をはねとばす」「~を打ち砕く」という意味で使われます。

自動詞では「突進する」「勢いよく走る」を意味します。

「エレベーターへ向かって駆け出した」は「She dashed for the elevator.」です。

「肉薄」の意味

「肉薄」は、以下のような意味です。

「薄」は「迫る」という意味です。

①敵陣などに身をもって迫ることをいいます。

②競争相手に接するほど追い迫ることです。

③言葉鋭く問い詰めることです。

以下のように使います。

敵陣に肉薄する 野党が政府に肉薄する
首位に肉薄する 挑戦者はチャンピョンに肉薄した

< Close >
原義は「閉じられた」という意味です。

それから「密着している」という意味に変化しました。

副詞として用いる場合には、「~に接近して」「~のごく近くに」という意味になります。

<突・進・肉・薄の漢字>

「突」
字義は「つく」「にわか」「うがつ・ほる」「けむだし・煙突」です。

解字では、「穴+犬」で構成されます。

「穴から犬がだしぬけに飛び出すさま」を表し、「つきでる」を意味します。

「進」
字義は「すすむ」「すすめる」「おくりもの」「つくす」です。

解字では、「?+隹」で構成されます。

「隹・とり」の部分は「鳥」の象形です。

これらから「鳥の飛んでいくさま」を表し、「すすむ」を意味します。

「肉」
字義は「にく・身」「肉づく」「生身の体・身体」「じかに」「声」です。

解字では、象形です。

「切った肉」を表し、「肉」を意味します。

「薄」
字義は「うすい」「うすくする」「うすまる」「迫る」「留まる」「よる・集まる」「草むら」「まぶし・繭を作らせるためのすだれ状の物」
「竹製の道具」「いささか・しばらく」です。

解字では、「艸+溥」で構成されます。

「溥・ほ」の部分は「あまねく広がる」を表します。

これにより「草が広がるさま」を表し、「うすい」を意味します。

「突進」は 目標に向かって勢いよくまっしぐらに突き進むこと、「肉薄」は、 身をもって迫ることをいいます。

「突進」「肉薄」は、類語です。

「猪突猛進」は、これらの言葉の関連語です。

共通する意味は「激しい勢いで突き進むこと」です。

「突進」は、ある目標に向かって進んでいくことです。

「肉薄」は、元来、触れるほどに迫ることから、相手のすぐ近くまで迫ることをいいます。

「肉薄」は「肉迫」とも書きます。

「猪突猛進」は、周囲を考えることなく、ひたすら前へ突き進むことです。

「猪突」の「猪」は、「いのしし」を意味します。

猪がつき進むさまから来ています。

おすすめの記事