発達は「未熟なものから成熟したものに達すること」。

「成長」と言い換えると分かりやすい。

発展は「勢いを付けてある局面から新しい高みに移行すること」。

「増進」と言い換えると分かりやすい。

進展は「ある局面から次の局面に移行すること」。

「ステッブアップ」と言い換えると分かりやすい。

進歩は「上の局面に進むこと」。

「上達」と言い換えると分かりやすい。

「発達」は未熟なものがしっかりしたものに達することです。

「発達」は未熟で小さな存在が時を経るにつれて、しっかりした立派なものに成長することです。

例えば「この子供には精神的な発達障害がある」「発達未熟」など子供の成長に関する言葉でもあり、他には「熱帯低気圧は大型台風に発達した」「渦巻雲は瞬く間にトルネードに発達した」など気象現象で規模が大きくなることにも使われます。

他には「高度に発達した文明社会」など自らが能動的に成長することです。

「発展」は潜在的なものが勢いを付けて大きくなることです。

「発展」は元々持っていた潜在的な可能性が、時と共に勢いを付けて大きく成長することです。

例えば「日本は発展途上国から先進国に移行した」「経済活動は爛熟期まで発展した」「事件は新しい局面に発展した」異性関係や遊興について揶揄して「大分ご発展のようですね」などと使い、社交辞令で「益々のご発展を祈念致します」とも使います。

「進展」は事態が進み新しい局面になることです。

「進展」は物事や事態・状態が現状に留まらず、新しい局面に進むことです。

類義語では「進化」「前進」「増進」「ステップアップ」「向上」などがあり、「止まっている事業を進展させなければならない」「事件の進展は思いもかけないことだった」「推理小説の筋書きの進展は興味深い」「少しは進展したのか」などと使います。

「進歩」は良い方向に進むこと、上達することです。

「進歩」は物事が良い方向に進み、以前の状態より上達したことです。

例えば「あなたの勉強の仕方は随分と進歩したね」「目覚ましい技術の進歩tがある」「少しは進歩があったと認めましょう」「医学の進歩は計り知れない」などと使い、技術や医学・科学・芸事・学問など努力すればするほど向上することに使われる言葉になります。

おすすめの記事