根三つ葉は「根が付いた状態の三つ葉のこと」。

「根付き」と言い換えると分かりやすい。

糸三つ葉は「根を切った状態の三つ葉のこと」。

「根切り」と言い換えると分かりやすい。

三つ葉は三枚の葉が特徴の野菜です。

根も炒めると食べられるので根が付いたものと切ったものがあります。

「根三つ葉」の根を少し付けたものが「切り三つ葉」になります。

「根三つ葉」は根が10cmほど付いたもの
「根三つ葉」は根も食べられるように軟白したものになります。

一度葉を枯らして切り取り、越冬させて根をしっかりしたものにし、新たな芽が出てきたら収穫します。

手間のかかる栽培の難しいものになっています。

春先に種を植え、夏を無事に過ごさないと良いものは出来ないそうです。

香りがよく根がシッカリしているのが特徴です。

「糸三つ葉」は根を切ったもので、一番多いもの
「糸三つ葉」は水耕栽培が出来ます。

葉や茎が青いため「青三つ葉」と呼ばれます。

根三つ葉の茎が白いのは軟白しているからです。

軟白して真っ白な茎の「根三つ葉」や「切り三つ葉」とは違い薄緑色の茎を持つ「糸三つ葉」はすぐに分かります。

普通、スーパーなどで販売されているものものは茎の青い「糸三つ葉」が多いようです。

三つ葉には「根三つ葉「切り三つ葉」「糸三つ葉」の3種類あります。

三つ葉は「根・切り・糸三つ葉」の3種類があります。

根まで食べられる「根三つ葉」は栽培が難しい難点があります。

根を強調した三つ葉になります。

「切り三つ葉」は根を少しだけ残したものです。

「糸三つ葉」は水耕栽培で作られ、一番数量の多い三つ葉になります。

三つ葉は茶碗蒸しのトッピングとして欠かせないものです。

「根三つ葉」と「糸三つ葉」

「根三つ葉」は根を食べられるようにしたものです。

そのために根をゴボウの様にしっかりしたものにしているので栽培に手間暇がかかるものです。

根は10~15cm付けていますが、5cmぐらいにしたものが「切り三つ葉」です。

「糸三つ葉」は水耕栽培で比較的楽に栽培できるもので一番出回っています。

「根三つ葉」「切り三つ葉」は軟白しているため茎は白で、「糸三つ葉」は緑がかっています。

おすすめの記事