天然真珠は「自然界で作られる希少価値のある真珠のこと」。

「自然真珠」と言い換えると分かりやすい。

養殖真珠は「人工的に核を入れて作る真珠のこと」。

「核入り真珠」と言い換えると分かりやすい。

天然真珠はその希少性から昔より効果なイメージがあるものでした。

養殖真珠は明治時代に技術が確立され、今では流通しているものはほとんど養殖にとって替わられています。

「天然真珠」は産地が限られています。

「天然真珠」はペルシャ湾など世界に大産地としては数えるほどしかありません。

日本では正倉院にアコヤ真珠が大量に残されていますし、古事記や日本書紀にも記述があるほど昔から知られていました。

現在では天然物は輸入品で、市場に出回っている真珠はほとんどが養殖ものなのです。

なお、湖水真珠と言われるものはアメリカ産と言われています。

「養殖真珠」は明治時代に開発された技術で作られます。

「養殖真珠」は明治時代に日本で開発され、広がりました。

フランスに日本の養殖真珠が出回ると従来の業者は天然ものと養殖物の区別をつけようとしましたが、難しかったようです。

今では非破壊検査で分かるのですが、養殖物は中に人工的な核が入っているので区別が付きます。

天然ものは核がないため芯まで真珠なので貴重なのです。

「天然真珠」と「養殖真珠」の区別とは。

「天然真珠」なのか「養殖真珠」なのかは外見では判別できません。

値段に差があるため、販売時点で分かっていないと不都合になります。

「核があるのかないのか」はエックス線透視で判別します。

また、「天然真珠」はどうしてもいびつになるのに対して、「養殖真珠」は技術的に新円が再現出来ますので見た目は良くなります。

「天然真珠」と「養殖真珠」とは。

「天然真珠」は自然界でアコヤ貝などにより作られます。

産地は世界でも多くはありません。

日本では古事記・日本書紀の時代から知られていて、正倉院には天然真珠がたくさん残されていました。

「養殖真珠」は日本で確立された技術で人工的に貝の中に核を挿入して海中で育てて作るのです。

新円のものが出来今ではほとんどが養殖ものに替わられています。

おすすめの記事