「場所」は、何かが行われたり存在したりする「ところ」です。

英語では「a place」「a spot」で表されます。

「現場」という意味の場合「a scene」です。

「箇所」は、その物のある場所です。

英語では「a place」「a spot」「a point」「a part」で表されます。

「文章のある個所」という意味の場合「a passage」です。

「地点」は、地上のある一定の場所のことです。

「ある位置」のことです。

英語では「a spot」「a point」で表されます。

「場所」の意味

「場所」は、何かが行われたり存在したりする「ところ」「場」「位置」という意味です。

または、「居所」「場席」のことです。

さらに、相撲の興行をする「ところ」のことです。

以下のように使います。

食堂を開くのに場所が悪い ピアノを置く場所がない
集合場所 夏場所 日当たりの良い場所
座れる場所を探す

<場所柄>
場所のありさまや性質のことです。

その場所に相応したことをいいます。

また、副詞的に「こういう場所なので」という意味に用います。

「場所柄が悪い」「場所柄もわきまえず」「場所柄、お客は派手な人ばかり」のように使います。

「箇所」の意味

「箇所」は、その物のある場所です。

特定の場所や部分のことです。

または、「場所」「地点」を数える言葉です。

「カ所」「ケ所」「ヵ所」「ヶ所」などとも書きます。

以下のように使います。

この個所にひびが入っている
列車の事故により不通の箇所がある
書類の訂正箇所 その個所を読み返した
日当たりの良い箇所
文章の悪い箇所を探す

「地点」の意味

「地点」は、地上のある一か所のことです。

「場所」「位置」などの意味です。

以下のように使います。

十地点で同時に調査を行う マラソンの折り返し地点
出発地点に戻る 観測地点

<所>
「所」は、「地点」の類語です。

以下のような意味です。

①物が置かれたり、事が行われたりする具体的な場所のことです。

②その人が住んだり所属したりしている場所のことです。

③「その地方の」という意味です。

④「抽象的な場所」「それにふさわしい場所」「物語の舞台」という意味です。

⑤問題となる点や側面のことです。

⑥時間的位置を規定する「場面」「状況」「場合」を指します。

⑦「大体の所は判った」のように、漠然とした範囲を示します。

⑧「聞く所によると」のように、語句の表す内容を示します。

⑨「病気がちなところから欠席が多い」のように、物事の原因や契機、または、出自や来歴などを表します。

⑩「お願いしたところ、断られました」のように、「次に続く事柄のきっかけ」を表します。

「場所」は 何かが行われたり存在したりする「ところ」のこと、 「箇所」は その物のある場所、 「地点」は 地上のある一定の場所のことです。

「場所」「箇所」「所」「地点」は、類語です。

共通する意味は「特定された土地や物体などの小部分」です。

「場所」は、多くの場合、行動とのかかわりについて用いられます。

「ここは良い場所だ」と言った場合、「駅から近くて便利」や「商売するのに適している」などの意味を含み、行動とのかかわりを表しています。

「場所」には、「このステレオは場所をとる」や「客ために場所を明ける」のように、「いる所」「ある所」という意味があります。

「箇所」は、比較的小規模な場所について述べる場合に用いられます。

「個所」とも書きます。

「所」には、「所と名前を聞く」のように、住所の意味でも用いられます。

また、「場所」「折」という意味でも用いられます。

「地点」は、土地に関する場合にのみ用いられます。

おすすめの記事