飼い犬は「雇い主のいる犬のこと」。

「飼育犬」と言い換えると分かりやすい。

室内犬は「飼い犬の中で家の中で飼われている犬のこと」。

「座敷犬」と言い換えると分かりやすい。

犬は屋外に犬小屋を設置し、そこで飼育されていましたが、現在は「室内犬」「座敷犬」が主流になっています。

家族の一員として、大切に扱われています。

「飼い犬」は管理者・飼い主のいる犬のことです。

「飼い犬」は普通に居る犬で、野犬や野性犬とは区別されます。

「飼い犬」は敷地内の屋外に設置された犬小屋で生活するか、家族の一員として座敷に上り「室内犬」として生活するかになります。

「飼い犬」は法律による狂犬病予防接種が義務付けられています。

首輪をし、散歩の際はリードを使用しなければならず、一生死ぬまで面倒を見る必要があります。

「室内犬」は座敷犬のことです。

「室内犬」は屋外でなく、部屋の中にオリを設置して飼育するものです。

家族同様に扱われ、より親しいペットとなります。

以前は座敷犬と言われ、スピッツなどが流行したものですが、今ではラブラドルレトリバーや柴犬・ダックスフンド・チワワなど様々な犬種が飼育されています。

散歩も欠かせず、朝夕にはしたいものです。

マンションによっては小型犬なら良いという場合があります。

「飼い犬」も「室内犬」も防犯目的に飼われています。

一戸建ての玄関近くに猛犬注意などの表示が出ている家がありますが、本来、犬は防犯目的に飼われるものでした。

しかし、今はペットとしての目的の方が強まり、座敷犬化していますが、不審な来訪者には強い味方になります。

犬は知らない人間には敵意を示すようになり、家族や知っている人には懐く習性があるのです。

「室内犬」は原則放し飼いになります。

「飼い犬」は中・外、「室内犬」は中で飼育します。

「飼い犬」は屋外でも室内でも飼われる犬です。

防犯目的で飼われていたのですが、室内に入れ家族同様にペットとして買われるようになりました。

その結果、犬の種類も変わりスビッツなどの座敷犬に代わり、ペットとしての「室内犬」の種類が様々になりました。

子犬を買ってきて、死ぬまで面倒を見るのですが、餌・予防接種・散歩・病気・躾など犬を飼うことは大変なことなのです。

おすすめの記事