ロバは「馬科に属する動物のこと」。

「うさぎうま」と言い換えると分かりやすい。

ラバは「ロバと馬の雑種の動物のこと」。

「雑種馬」と言い換えると分かりやすい。

ロバは古代ギリシャ神話に登場する程古い動物出ず、余り不急はしていないため、日本でも数少ない動物です。

ラバは馬とロバの雑種ですが、ロバより強い品種として生まれました。

「ロバ」は馬の一種になります。

「ロバ」は馬科に属する馬の一種で小型なことが特徴です。

古代から乗用・荷役で使用され、粗食に耐えて長生きをします。

性格は馬の繊細さや社会性は少なく、逆に多頭引きなどには適さず、図太いものがありますが管理はし易いとされます。

中国では家畜や食用・薬用としての文化がありますが、日本では家畜としても定着していません。

「ラバ」は強い雑種の代表です。

「ラバ」は雄のロバと雌の馬の配合で誕生した馬の雑種です。

反対配合で生まれたものはケッテイと呼ばれていますが、ケッテイよりラバの方が、身体が大きく病気や害虫に強く育て易いので普及しています。

ロバと馬の良い所を引き継いで生まれているため、広く世界で飼育されています。

唯一の欠点は荒く扱ったため機嫌を損ねると動かなくなることです。

「ラバ」は「ロバ」より優れています。

「ラバ」は雌ロバと雄馬の雑種ですが、ロバより大きく優れた点が多く、頭も良いことから重宝されて来ました。

蹄が堅いことや馬より小型でロバより足腰が丈夫なことから、山道の荷物の運搬などに適しています。

鳴き声はロバに近いもので、見た目は馬より小ぶりで顔は長く首は短く、耳がロバのように大きいという特徴を備えています。

「ロバ」と「ラバ」・馬の特徴

「ロバ」は馬科の動物・小型・ずぶいく強情な性格・粗食に耐えるなどの特徴がありね「ラバ」は雌のロバと雄の馬との雑種で、上部な体・飼育し易い・従順な性格・粗食に耐える・病気や害虫に強い・足腰が強い・蹄が堅いなどの優れた特徴を持ちます。

馬は早く走る・大きい・繊細な性格・社会性があるなどの利点を持っています。

体の大きさはロバ、ラバ、馬の順に大きく成ります。

おすすめの記事