トラは「ネコ科ヒョウ属の肉食哺乳類のこと」。

「獰猛な大型ネコ」と言い換えると分かりやすい。

ジャガーは「トラに似たネコ科ヒョウ属の肉食哺乳類のこと」。

「トラ似の獰猛な大型ネコ」と言い換えると分かりやすい。

ヒョウは「ジャガーに似たネコ科ヒョウ属の肉食哺乳類のこと」。

「ヒョウ似の獰猛な大型ネコ」と言い換えると分かりやすい。

これらは同じ属に入っている猫科の仲間ですから、外見も柄も似ています。

「トラ」は黒い縞模様があります。

「トラ」は体調2メートル前後あり、オスでは3メートル近くになります。

インド、中国、マレー半島、インドネシア、ロシア東部などに生息しています。

全体に黄色がかった色をして特徴ある黒の横縞模様が入っている動物です。

ネコ科に属している中ではライオンと並び最大級のものになります。

人を襲うこともあり人食いトラと恐れられます。

「ジャガー」はヒョウ柄でヒョウより大きい動物
「ジャガー」は北アメリカ大陸南部から北アメリカ大陸北部かけて生息している体調1~2メートルのネコ科ヒョウ属の大型動物です。

アメリカにいるため「アメリカヒョウ」とも呼ばれています。

柄は黒い斑紋の中に更に黒い点が入っているため、ヒョウと見間違うほど似ています。

ジャガーは車のトレードマークになっています。

「ヒョウ」はジャガーより小型
「ヒョウ」はアフリカ大陸からアラビア半島・盗難アジア・ロシア東部に生息しているネコ科の動物です。

体調は1~1.5メートルでジャガーより小ぶりになりますが、柄はヒョウ柄と言われるほどポピュラーです。

ジャガーの柄と酷似していますが、斑紋の中は白か白もありません。

ネコ科に属し、「トラ」「ジャガー」「チーター」と同じ肉食の猛禽類です。

ネコ科の動物はいろいろ居ます。

ネコ科には飼ネコを筆頭に、ヤマネコ、ヒョウ属には百獣の王・ライオン、トラ、ジャガー、ヒョウ、チーター、ピューマ、ユキヒョウなどが居ます。

特にヒョウ属は絶滅が危ぶまれているため保護活動も行われています。

猫は夜行性のものが多く、ヒョウ属は森林に多く生息している肉食の猛禽類です。

ネコが猛獣に進化したという説がありますが、定かではありません。

おすすめの記事