仔馬は「馬の子供のこと。」

「フォウル」と言い換えると分かりやすい。

子馬は「体が比較的小さい馬のこと」。

「ポニー」と言い換えると分かりやすい。

仔馬は普通の体の大きい馬が生んだ子供の馬のことを言い、英語でフォウルと言います。

「子馬」は比較的小さな馬のことで英語ではポニーと言います。

紛らわしいのですが、仔馬と子馬は違うのです。

「仔馬」は一歳前後の小さな子供馬のことです。

「仔馬」は生まれてから一歳前後の、体がまだ十分に成長しきれていない馬の子供のことを言います。

まだ小さいのでポニーと間違えそうです。

サラブレッドなどは精悍な感じが出ていますので、牧歌的なポニーとは見分けが付きそうです。

ちなみに、サラブレッドの競走馬は二歳で一人前の体になり、三歳でレースに出走出来ます。

「子馬」は体の小さな馬のことです。

「子馬」は普通の馬のように馬体が大きくなりません。

体重も軽く、体長は肩までが147センチ以下となっています。

英語でポニーと言われる馬のことです。

足の長さは「仔馬」と比べても短いことが分かります。

大型犬程度のポニーもいて、どこかかわいい感じがする馬です。

子供が乗馬に使うことがあり、遊園地などによくいます。

「仔馬」と「子馬」は違います。

「仔馬」は子供の馬、「子馬」は大人の馬のことです。

「仔馬」はスラっと伸びた脚が特徴でまだ成長過程の小柄な体を支えています。

見るからにひ弱な感じですが、元気はあります。

「子馬」は既に成長が止まった大人の馬になります。

どこか愛くるしい姿は子供に大人気です。

動物園や乗馬用として遊園地などに飼育されています。

「仔馬」と「子馬」とは。

「仔馬」の「仔」は動物の子供を意味する漢字ですから「仔馬」は「馬の子供」のことになります。

まだ成長途中の小さな馬体なのでポニーと間違えることがあります。

「子馬」の「子」は小さいことの意味ですから「子馬」は「小さい馬」の意味になります。

もう成長が終わった大人の馬のことを言います。

一概にポニーと言われますが、種類はいろいろいます。

おすすめの記事