ナマコは「クラゲやウニの仲間のこと」。

「棘皮動物」と言い換えると分かりやすい。

ウミウシは「極彩色の軟体動物のこと」。

「軟体動物」と言い換えると分かりやすい。

ナマコとウミウシはどこか似た感じがしますが、ナマコの地味な色や姿に比較して、ウミウシの極彩色や牛の角を持ち様々な形は海の中では大変に目立つものです。

中では「ナマコは「海鼠」と書きます。

「ナマコ」はその姿が地味で黒色に近い色をしている種類もあることから、ネズミに例えられたのかも知れません。

「ナマコ」はクラゲやウニと同じ仲間になり、棘皮動物と呼ばれる一族です。

棘とはトゲのことで、体にはトゲ状の突起と斑点を持ちます。

「ナマコ」は一部が食用になり、アカコ・アオコ・クロコの三種います。

英語では「海のキュウリ」というそうです。

「ウミウシ」の仲間は比較的多いです。

「ウミウシ」はもともと貝殻があった動物なのですが、消失したか体内に取り込まれて見えません。

大きい分類では「軟体動物」に入るもので、イカやタコ・ナメクジなどと同じなのです。

その極彩色の皮膚から「海の宝石」とも呼ばれ、皮膚の形状も多彩なものがあります。

「ウミウシ」の外観に非常に似た生物は「ヒラムシ」「ナマコ」「巻貝の一種」などがあります。

普通、「ナマコ」は食べられ、「ウミウシ」は食べません。

「ナマコ」は食用として昔から食べられていますが、「ウミウシ」は味に辛味があり通常は食用に適しません。

「ナマコ」は輪切りにして酢とあえて食べることをします。

感触がコリコリしたものですが、結構おいしいものです。

他には刺身にすることや甘辛煮・唐揚げなどにします。

食用ナマコはマナマコという赤ナマコの一種に限られるようです。

中には毒性のナマコもいるので気を付ける必要があります。

「ナマコ」と「ウミウシ」とは。

「ナマコ」は棘皮動物の仲間で、体に突起状の物がたくさんある動物す。

クラゲやウニの仲間とされています。

多くの種類がある中で食用になるものは赤ナマコの中でもマナマコという種類です。

「ウミウシ」は軟体動物の仲間でイカやタコと同じです。

見た目は極彩色なので「海の宝石」の異名を持ちます。

また、形状も様々なのです。

おすすめの記事