ペリカンは「白い羽・赤く大きい嘴を持つ大型の水鳥のこと」。

「喉袋鳥」と言い換えると分かりやすい。

コウノトリは「白い羽・先が黒い翼・黒く大きい嘴を持つ水鳥のこと」。

「赤ちゃん運搬鳥」と言い換えると分かりやすい。

「ペリカン」も「コウノトリ」も嘴から喉に掛けて大きな袋を持っているのが特徴です。

「コウノトリ」は特に袋に赤ちゃんを入れて運んでくるとヨーロッパでは言われます。

「ペリカン」は水に浮かんでいると嘴の大きな白鳥に見えます。

「ペリカン」は大型の鳥で羽を広げると3メートルを超えます。

なんといっても大きな特徴は下嘴から顎にかけて大きな袋状の皮膚があることです。

この袋に水ごと獲物の魚を取り入れて、水は出し魚だけを飲み込みます。

複数の卵が孵化するとそのうち1匹だけが成長でき、他のヒナはヒナ同士の争いで排除されてしまいます。

親も全部を育てることは出来ないのです。

「コウノトリ」はツルに似ています。

「コウノトリ」はツルに似ていますが、コウノトリ目コウノトリ科です。

中国の北からロシア・アムール川流域で夏に繁殖し、冬に中国の南部や台湾・韓国・日本などに南下してきます。

東アジアに分布は限定され個体数は2,000~3,000羽と少なく、日本では見かけることはほとんどなくなりました。

体調は1メートル強、羽を広げると2メートル程になります。

特に鋭くとがった嘴が目立ちます。

「コウノトリ」より「ペリカン」の方が親しみを覚えます。

「ペリカン」は顔が少し間の抜けた感じがし、見た目は大きな白鳥のように見えペットになることもあり、運送業者のトレードマークにも採用されるように親しみを覚える鳥です。

「コウノトリ」はツルのように長く鋭い嘴があり、精悍な顔つきで近寄り難い感じがします。

ペリカンとコウノトリは両方とも大きな袋を喉に持つ珍しい鳥です。

ペリカンとコウノトリは袋を持つ特異な水鳥
「ペリカン」は顎に大きな袋を持つ親しみのある大型の水鳥で、人間に親しまれてきました。

アラビヤ語のペリカンを表す言葉はアホウドリの語源になっています。

「コウノトリ」はペリカンよりは小振りですが、精悍でツルのような感じがする水鳥ですが、ヨーロッパでは顎にある大きな袋に赤ちゃんを運ぶ鳥として親しまれています。

おすすめの記事