ポリフィルムは「ポリエチレンの略で石油から作られる化学製品のこと。」

「レジ袋」と言い換えると分かりやすい。

ビニールは「ポリ塩化ビニールのことで石油から作られる化学製品のこと」。

「フィルム」と言い換えると分かりやすい。

ポリフィルムはPEと表示され分別の対象となるものです。

「ビニール」は化学製品フィルムと言う意味で使われ、一般的なフィルムのことを指す言葉として誤用が定着してしまったものです。

「ポリフィルム」は一般的な呼び方とポリエチレンフィルムの意味の両方があります。

「ポリフィルム」はポリ製品のフィルムと言う意味とポリエチレンと言う意味に使われています。

ポリエチレンと言う言葉は同列にポリプロピレンやポリスチレン・ポリエステルなどポリが付いた別のフィルムもあるのですが、PEと言えば英語の頭文字を取りポリエチレンのことを言うのです。

また、透明フィルムの総称として「ポリフィルム」と言うことが多いようです。

「ビニール」はポリ塩化ビニールのこと
「ビニール」も化学製品の一つで、「ポリ塩化ビニール」と正式には言います。

かなり以前に作られたものなので、フィルムと言えば「ビニール」を指す時代があったのです。

その名残として透明フィルムのことは全部「ビニール」と言ってしまう習慣が残ったものです。

特に高齢者にその傾向が強く、レジ袋のことも「ビニール」という人もいます。

「ビニール」製品と「ポリフィルム」製品比較。

「ビニール」は今でも使われているもので、製品では「ビニールハウス・ビニール靴・ビニールシート」などが代表的なものです。

逆に「ビニール」ではないものは「ビニール傘・ビニール紐・ビニール袋」などでビニール」と言う名前が付いていてもポリエチレンやポリプロピレン・ポリエステルなどで出来ているものになります。

「ポリフィルム」「ビニール」

「ポリフィルム」は現在多くの製品に使われているポリエチレンのことです。

一般的にはポリプロピレン・ポリエステル・ポリスチレンなども含めていうことも多いものです。

「ビニール」は現在でも使われるもので正式には「ポリ塩化ビニール」と言います。

透明なフィルムを「ビニール」と言う習慣が残っているために、誤用されることもあります。

おすすめの記事