ウグイスは「スズメ目ウグイス科の野鳥のこと」。

「春告げ鳥」と言い換えると分かりやすい。

メジロは「スズメム目メジロ科の野鳥のこと」。

「白ぶちウグイス」と言い換えると分かりやすい。

「ウグイス」と「メジロ」は体形や羽色が酷似しているので遠目にはよく間違えられる鳥の代表ですが、見分けるところは「メジロ」の目のふちには白い輪が付いていることです。

「ウグイス」は春告げ鳥です。

「ウグイス」は春になると「ホーホケキョ」と見事な鳴き声を聞かせてくれルので「春告げ鳥」の名があるのです。

体はスズメと同じくらいで、体の色はいわゆるウグイス色、腹は白くオスメス同色です。

春になると「チャッチャッ」と言う地鳴きをし、暫く経つと「ホーホケキョ」と言う馴染みの声を出しますので、オオルリ・コマドリと並んで三鳴鳥になっています。

「メジロ」はウグイスの仲間です。

「メジロ」はスズメ目に属し「ウグイス」と同じ仲間です。

スズメよりやや小振りの鳥で体の色はウグイス色のためよく「ウグイス」と間違われるのです。

目の周りに白い短い羽で出来たアイリングを持つため見分けが出来ます。

花の蜜を好みますが基本的には雑食です。

「チーチー」と言う地鳴きはしても「ホーホケキョ」とは鳴きません。

「ウグイス」と「メジロ」は混同されます。

「ウグイス」と「メジロ」は春になると活動し、「メジロ」が梅の蜜を好むため古くから混同される鳥になります。

鶯色の羽を持つことも同じですが、「メジロ」はやや緑が濃いようです。

「ウグイス」と梅は余り関係がないようで、警戒心の強い「ウグイス」はやいつも藪の中にいるのです。

また、蜜も吸わずに虫や木の実を食べます。

「ウグイスと「メジロ」について。

「ウグイス」は春告げ鳥と言い、春に地鳴きヲし、師は世楽経過すると「ホーホケキョ」と素晴らしい鳴き声を披露する鳥です。

「メジロ」は同じく春に裏我、梅の花蜜を好むため、よく「ウグイス」間違われれます。

「梅にメジロ」はあり得ますが「梅にウグイス」の例えはどうやら誤解のようです。

臆病な「ウグイス」は藪に居るのです。

おすすめの記事