「緑茶」は、製茶の一種です。

茶の若葉を収穫後、熱処理をして酸化発酵を止め緑色を維持させます。

「緑茶」には、玉露・煎茶・番茶・ほうじ茶・抹茶などがあります。

「抹茶」は緑茶の一種です。

茶の新芽を摘み取り、茎枝・葉脈を除き蒸したのちそのまま乾燥してできた葉茶を臼で引いて粉末にしたものをいいます。

<茶>
ツバキ化の常緑低木の若葉・若芽を摘んで飲料用としたものです。

また、それから作った飲み物です。

「緑茶」と「紅茶」に大別されます。

「緑茶」の意味

「緑茶」は製茶の一種です。

茶の若葉を収穫後、熱処理をして酸化発酵を止め緑色を維持させます。

その茶葉のことです。

また、その飲料のことです。

茶の若葉を蒸し、焙炉(ほいろ)でもみながら乾燥させます。

葉緑素があまり破壊されずに緑色を保つためこの名称で呼ばれます。

カフェイン・ビタミンCに富みます。

緑茶には、玉露・煎茶・番茶・ほうじ茶・抹茶などがあります。

英語では「green tea」で表されます。

<紅茶>
茶葉を発酵してつくる茶の一種です。

生葉をある一定温度に保ち、葉の中の酸化酵素を十分働かせて色素や他の成分を酸化分解します。

葉緑素は分解し、タンニンは酸化されて紅茶独自の色を呈すようになります。

紅茶の茶樹は、アッサム種・アッサム雑種です。

産地は、インド・スリランカ・北アフリカなどです。

特にスリランカやインド北部のダージリン地方で生産されるものが良質で有名です。

「抹茶」の意味

「抹茶」は緑茶の一種です。

茶の新芽を摘み取り、茎枝・葉脈を除き蒸したのちそのまま乾燥してできた葉茶を臼で引いて粉末にしたものをいいます。

熱湯を注ぎ茶筅で泡立てて飲みます。

主として茶の湯の席で用います。

「ひき茶」「散茶」ともいいます。

老茶樹から摘んだものを「濃茶」、若い茶樹から摘んだものを「薄茶」といいます。

味に濃淡の差があります。

英語では「powdered green tea」で表されます。

緑茶の成分と効能

「緑茶」は、カテキンやアテニンを含む健康飲料として近年人気です

◇カテキン
カテキンは、緑茶の渋み成分です。

緑茶葉乾燥重量の10~20%を占めるポリフェノールの一種です。

抗酸化力が強く脂肪を減らす作用があります。

お茶を多く飲む地域では胃がんの発生率が低いことが知られています。

カテキンの癌の予防効果が近年研究されています。

口臭予防効果や胃潰瘍の原因となるピロリ菌を減らす作用もあります。

高温で抽出すると、カテキンが豊富な茶になります。

◇アテニン
アテニンは、緑茶のうまみ成分です。

アミノ酸の一種です。

自律神経をリラックスさせる働きがあります。

睡眠の質も改善されます。

集中力のアップの効果や月経周期に関する不調や更年期障害の改善効果もあります。

低温で抽出するとアテニンが豊富なお茶になります。

「緑茶」は製茶の一種です。

「抹茶」は緑茶の一種です。

「緑茶」は、製茶の一種です。

茶は「緑茶」と「紅茶」に大別されます。

「緑茶」は、茶の若葉を収穫後、熱処理をして酸化発酵を止め緑色を維持させます。

その茶葉のことです。

また、その飲料のことです。

ポリフェノールが豊富に含まれます。

「抹茶」は緑茶の一種です。

上等の製茶を臼でひいて粉末にしたものです。

多くの場合茶の湯の席で使われます。

抹茶をたてる道に通じた人を抹茶家(まっちゃか)と呼びます。

おすすめの記事