「成長」は、「育って大きくなること」「育って成熟すること」を言います。

生物学的には、生体の量の増加・形態変化に対して用います。

「子供の成長記」「子供の成長が速い」「成長が止まる」のように使われます。

「生長」は、植物が伸びて育つことです。

「苗木が生長する」「生長の悪い品種の稲だ」「この植物の生長に適さない肥料だ」のように使います。

「成長」の意味

「成長」は、人間や動植物が育って一人前になることです。

生物が成体へと変化していくことです。

この間、重量を増し、細胞増殖を行う現象を指します。

「あの場面で我慢できるとは、君も成長したね」「成長して服が小さくなった」「精神的に成長する」のように使います。

また、物事が発展しより高い段階に進むことを言います。

「成長株」「経済成長」「知的成長が著しい」「高度成長」「成長因子」「成長産業」「成長率」のように使います。

英訳する場合、「Growth/ grow」で訳されます。

「生長」の意味

「生長」は、植物の「発育」について述べる時に使われます。

史記(封禅書)では、「生まれ育ち」「生まれ育つこと」とあります。

生物学的には、生体の量の増加形態の変化に対して言います。

「成長」と同じ意味です。

「生長不良」「生長が良い植物」「生長した株」のように使われます。

英訳する場合、「成長」と同じく「Growth/ grow」で訳されます。

「成長」と「生長」は類語です。

「成長」「生長」「発育」「成育」「生育」は類語です。

共通する意味は、「人間や動植物が育って大きくなること」です。

以下のように使われます。

「すくすく成長する」「人間が一回り成長した」
「苗の生長が速い」「稲の生長に適した土壌だ」
「苗の発育が速い」「赤ちゃんの発育は良好だ」「発育盛り」「発育不全」
「健全な成育を願う」「稚魚の成育」
「植物の生育に適した土壌」「稲の生育が悪い」

「成長」は、人間や植物の「発育」について、また、経済や組織などの「発展」について述べる時用います。

「生長」は植物の「発育」を述べる時に用います。

動物と植物の「発育」を言う場合、一般的な「成長」を使います。

特に、植物の場合、多くは「生長」と書きます。

「成長」は、人間や動植物の「発育」だけではなく、経済や組織などの「発展」についても用いられます。

「生長」「生育」は、主に植物の「発育」に用います。

「生育」は自動詞だけではなく「稚魚を成育する」のように他動詞としても使われます。

「成育」「発育」は、主に動物に使われます。

おすすめの記事