社団法人は「人の集まりで営利、非営利の法人のこと」。

「スポーツ団体」「医学学会」と言い換えると分かりやすい。

財団法人は「資金をもとに公益性のある非営利の法人のこと」。

「学校法人」「宗教法人」と言い換えると分かりやすい。

公益法人は「非営利目的で公益性の強い法人のこと」。

「スポーツ団体」「学校法人」「財団法人」と言い換えると分かりやすい。

「社団法人」はある目的のために作られた人の集まりのことです。

「社団法人」は法律で「法人格」が認められた銀行口座の開設などができる法人のことを言います。

「社団法人」には「一般社団法人」「営利社団法人」「公益社団法人」などがあります。

「一般社団法人」はスポーツ団体や組合、学会などがあり、「営利社団法人」はいわゆる会社が該当します。

「公益社団法人」は一般社団法人の内、特に公益性が強いと認められたものをいいます。

「財団法人」は財産を管理・運営するために設立された法人のことです。

「財団法人」は財産を管理・運営する目的で「寄付行為」により設立された法人のことを言い、監督官庁の認可が必要です。

公益性を求められるためすべて「公益法人」となります。

また、営利目的ではないのですが、財政基盤を維持・強化する目的では収益事業が認められています。

例えば「学校法人」や「宗教法人」などが該当します。

「公益法人」は公共性の強いことが要件となります。

「公益法人」は社団法人に含まれる「公益社団法人」、すべてが公益法人でもあります「財団法人」のことを言います。

公益性が認められているため、税制面で優遇が受けられるメリットがあります。

最近相撲協会が「公益法人」の資格を取得したことが話題となりました。

しかし、不祥事が続き公益性が損なわれると判断されますと取り消しになる可能性があります。

「法人」は法人格を持った人やお金の集まりのことです。

「法人」は人格と同じように権利・義務が行使出来る「法人格」を持った人やお金の集まりのことです。

「社団法人」は範疇が非常に広く「財団法人」に対する言葉です。

「公益法人」は公益性のある「法人」のことで、「財団法人」ならびに「社団法人」の中の「公益社団法人」があります。

ある団体がどのような名称を使えるのか、その団体の持つ性格や目的、認可の有無によりことなります。

おすすめの記事