手付金は「不動産売買で先に渡すお金のこと。」

「売買意志表明金」と言い換えると分かりやすい。

頭金は「不動産売買でローン以外に先に渡すお金のこと」。

「余剰購入金」と言い換えると分かりやすい。

どちらも先に渡すお金ですが、手付金は買い主が売買契約をする意志表明のために渡すお金のことで、契約したら戻る性格のお金です。

頭金はローンを組むお金とは別に、手元にある資金を購入資金の一部として先に差し入れることです。

「手付金」は3種類あります。

「手付金」は「解約手付・違約手付・証約手付」の3種類が法的にあります。

契約不履行があった場合、買い主の責任では解約手付となり手付金は戻りません。

売り主の責任では手付金の倍返しとなります。

また、証約手付は契約成立の証として売り主に渡されるお金のことです。

契約後、残金の支払いまでの間の不安定な時期に対応する法律です。

普通、「頭金」として見做して清算されます。

「頭金」は手元資金のこと
「頭金」は銀行ローンがいくら組めるのかにより決まってきます。

6,000万円の物件を購入する場合、銀行ローンは5,500万円までは借りられるとなると「頭金」は500万円と決まります。

手許に300万円しかない場合は親からの借り入れなど、別の資金調達で200万円工面することになります。

普通契約から引き渡しの間で行われます。

当然、売買代金から差し引くことも行われます。

「手付金」と「頭金」は先に渡すものですが、性格が異なります。

「手付金」は売買契約をして引き渡す間、契約不履行が起きた場合の法的な補償のことです。

普通は「解約手付」と言うことで買主に有利に行われます。

「頭金」と同じように売買代金から差し引くことも行われますが、本来は一旦戻す性格のお金です。

「頭金」は売買代金の一部として渡すお金になります。

「手付金」は必須のもの、「頭金」は任意のもので、どちらも売買代金と清算されるものになります。

「手付金」と「頭金」

「手付金」は契約時に必要なお金です。

フルローンでも必要になりますから、注意が必要です。

「手付」には法律で決められた「解約手付・違約手付・証約手付」の3方式があります。

「手付金」は契約から引き渡しまでの間を法的に担保するものです。

引き渡しの時に「頭金」に振り替えて清算されることになります。

因みに「申込金」と言うお金は契約前のキャンセルを担保する制度になります。

「頭金」は任意のものです。

やはり引き渡しの時に清算されるものです。

おすすめの記事