随意筋は「意志に沿って動く筋肉のこと。」

「手足筋肉」と言い換えると分かりやすい。

不随意筋は「意志に関係なく動く筋肉のこと」。

「心筋」と言い換えると分かりやすい。

動物の体にある筋肉は自分の意志で動かすことが出来るものと出来ないものがあります。

不随意筋があるから、夜安心して眠ることが出来るのですし、生き続けられるのです。

「随意筋」は手足などにある筋肉のこと
「随意筋」は体中にある筋肉で骨格筋などとして体の姿勢を保つのに重要な役割をしています。

主に骨に付いていて表面に集中しています。

手足・首・肩・腹・背中・尻など動かせる筋肉はすべて随意筋です。

主に筋肉トレーニングで鍛えるものは随意筋になります。

随意筋には血管やリンパ管が通っていますから、筋肉の動きも血液やリンパ液の循環を促しています。

「不随意筋」は心筋など
「不随意筋」は意志に関係なく自ら動く筋肉のことです。

それは自と言う不思議なもの働きで自らの動きが出来るのです。

まず心臓を動かす心筋・食堂・胃・小腸・大腸・膀胱・血管・内臓全般など自立神経の支配下にある筋肉のことを言います。

それらを支配し動かしている自律神経とともに。

生命維持のために必須のものと言えます。

「随意筋」「不随意筋」で体は出来ています。

「随意筋」は分かり易い筋肉ですが、「不随意筋」は目に見えない場所で大変に重要な働きをしているものです。

人間などはその両方の筋肉群で構成されている訳です。

特に「不随意筋」は生命そのもののような感じがする筋肉で、例えば心筋が梗塞してしまえば人間は終わりですから、それを考えると必須なものと言うことが理解出来ます。

「随意筋」「不随意筋」

「随意筋」は自分の意志で自由に動かすことが出来る筋肉のことを言います。

骨格筋など骨と結合して体の姿勢を支えている働きをします。

筋トレではこの筋肉を鍛えているのです。

「不随意筋」は自律神経の支配下にある筋肉で、生命維持に不可欠な存在です。

生命そのものと言っても良いもので代表が心臓の心筋や内臓筋になります。

おすすめの記事