皮下注射は「皮下組織に注射すること。」

「予防接種」と言い換えると分かりやすい。

筋肉注射は「筋肉組織に注射すること」。

「新型コロナワクチン接種」と言い換えると分かりやすい。

注射は一般的に針を深く差し込むと強いものを早く体内に吸収させることが出来ます。

上から皮内注射・皮下注射・筋肉注射の順に深くなります。

多くの予防接種は皮下注射で、新型コロナワクチンは筋肉注射になります。

「皮下注射」は多くの予防接種で行われる方法
「皮下注射」は皮膚の上から三番目にある皮下組織に注射する方法で、多くの予防接種がこの方法で行われています。

皮膚は上皮・真皮・皮下組織・皮下脂肪となっていてその下が筋肉になり、静脈は普通筋肉の中にあります。

インフルエンザワクチンの接種は皮下注射で行われることが多いです。

神経や血管が少ない腕の三角筋に行われるのが通例です。

皮膚をあらかじめつまむことで注射の痛みを和らげることをすることがあります。

「筋肉注射」は痛いイメージがあります。

「筋肉注射」は皮膚深く針を刺すために痛いかも知れません。

注射針を垂直に差し込み、最短で筋肉に到達させます。

確かに痛いために筋肉をつまむことは皮下注射と同じですが、効果は筋肉注射の方があるようです。

必ずするとは限りません。

ワクチンや薬液の体内吸収が最も早く、他の方式に比べ効果的と言えます。

新型コロナウィールスのワンチン接種は筋肉注射になります。

「皮下注射」は「筋肉注射」より多い。

「皮下注射」は多くの予防接種で行われている方法です。

「筋肉注射」より度合いは多いと言えます。

海外で筋肉注射が行われるものも、日本では皮下注射になることがほとんどのためもあります。

日本でもペニシリンはお尻に筋肉注射で行われているため、ペニシリンは痛いというイメージが定着しています。

「皮下注射」では日本脳炎・肺炎球菌・麻疹・風疹など、「筋肉注射」はインフルエンザ・A型肝炎などが推奨されています。

「皮下注射」「筋肉注射」

注射は薬の即効性が高く、他の処方よりも早く効きます。

「皮下注射」は皮下組織に針を差し込み、薬液を注入するもので日本では多く実施されている方法です。

必ずしも方法は固定されているものではなく、海外の筋肉注射が日本では皮下注射になっている現状もあります。

「筋肉注射」は筋肉に直接注射するもので皮膚深く針を差し込むために痛みを伴いますので、神経が少ない上腕やお尻などの部位に打たれます。

おすすめの記事