ローマ神話は「古代ローマの神話こと」。

「ギリシャ模倣神話」と言い換えると分かりやすい。

ギリシャ神話は「古代ギリシャの神話こと」。

「伝承神話」と言い換えると分かりやすい。

古代ローマの歴史は古いのですが、古代ギリシャは更に古いためにローマではギリシャ神話の神々を輸入して古くからある神話の神々に当てはめた事実があります。

「ローマ神話」はギリシャ神話を模倣しています。

「ローマ神話」は「ギリシャ神話」の神々と重なるために混同しやすくなるのです。

主神はジュピターですが、「ギリシャ神話」の主神ゼウスに相当する神になります。

ギリシャ神話で言うオリンポス十二神に相当する神がすべて「ローマ神話」には存在します。

例えばアポローン・ネプチューン・ダイアナ・ビーナスはギリシャのアポロ・ポセイドン・アルテミス・アフロディテなのです。

「ギリシャ神話」は「ローマ神話」の神を作りました。

「ギリシャ神話」はギリシャに古くから伝承されていた伝説などから作られた物語で、神々や英雄たちの活躍が描かれています。

オリオン星座など多くの星座の由来などもあります。

主神は全治全能の神ゼウスで、神々達の王でもあり天空界・人間界の支配者・守護神でもあります。

クロノス・レァー夫婦から派生したゼウスを含むオリンポス十二神が中心となります。

「ギリシャ神話」「ローマ神話」は十二神が中心です。

「ギリシャ神話」の中心であるオリンポス十二神はゼウス・ポセイドン・アーレス・へーパイストス・ヘルメース・アポローンの六神が男性、ヘスティーア・デーメーテール・アフロディテ・アテーナ・アルテミスの六神が女性の神になります。

このうちゼウスは全知全能の主神となり、手に雷を持っている雷神でもあるのです。

「ローマ神話」にも同じ紙がいます。

「ローマ神話」と「ギリシャ神話」とは。

「ローマ神話」は元々の伝承があったものの「ギリシャ神話」の神々を自分たちの神に当てはめて神話を作り上げました。

「ギリシャ神話」は古来の伝承や伝説を元に、オリンポス十二神を中心に神々や人間の英雄の活躍を題材に構成されています。

星座の出来た由来なども含まれていて興味深い話が多くあります。

現代出藻その題材を元に様々な作品が作られています。

おすすめの記事