スキューバは「酸素ボンベを使い深く潜水すること」。

「水中潜水法」と言い換えると分かりやすい。

シュノーケリングは「簡単な器具で水面付近を潜水すること」。

「水面潜水法」と言い換えると分かりやすい。

スキンは「器具を用いないで潜水すること」。

「素潜り」と言い換えると分かり易い。

スキンダイビングも器具を使うこともあります。

「スキューバ」は本格的な潜水のこと
「スキューバ」は、酸素ボンベを使い海深く遊泳する本格的な潜水法です。

そのため、潜水のためにはダイビング指導団体発行の「技能認定カード=Cカード」の提示が義務付けられています。

海外でも通用する「PADIのCカード」がよいでしょう。

スキューバに必要な主な装具はBCDと言う浮力調整機材、ウエイトベルト、フィン、マスク、スノーケル、グローブ、レギュレーター、ダイブコンピューター、ライト、そしてウェットスーツ、酸素ボンベなどがあります。

「シュノーケリング」は海面近くでの潜水
「シュノーケリング」は潜水と言っても海面近くで行うものです。

そのため、酸素ボンベなどの装備は必要ありませんから、比較的簡単に行われるものになります。

必要な機材はマスク、シュノーケル+マウスピース、フィンとなり3点セットで購入できます。

そのほかには、ライフジャレット、ウェットスーツなどになります。

Cカードは必要なく、誰にでも気軽に海の楽しさを味わえるものです。

「スキン」は素潜りのこと
「スキン」はスキンダイビングと言い、完全な素潜りかシュノーケル3点セットを付けての潜水となります。

少しの練習で10メートルは潜れるようになりますが、息を止めての動作になり十分な知識を身に付けてから挑戦しましょう。

潜り方もジャックナイフなど高度なものもあり、インストラクターなどの指導を受けた方が無難です。

潜水方法はいろいろある。

海の自然を満喫するためには、海の表面を陸地から眺めていても仕方がありません。

そこで潜水をして様々な魚やイルカ・サメ・クジラなどの海獣たち・サンゴ礁など海中にある魅力的にものを散策することが必要になります。

「スキューバ」は本格的に潜水するために考え出されたものです、「シュノーケリング」は手軽に水中の世界を覗けるもの、スキンは素潜りで熟練が必要になります。

おすすめの記事