「お父さん」は、子供が親しみを込めて父親を呼ぶ言葉です。

英語では「a father」「a papa」で表されます。

呼びかけの場合、「Father」「Papa」「Pop」「Dad」です。

「パパ」は、「お父さん」「父親」の幼児語的な呼び方です。

英語では「papa」「dad」「daddy」で表されます。

「父上」は、自分や他人の父親の古風な呼び方です。

文章語です。

英語では「a father」で表されます。

「お父さん」の意味

「お父さん」は、明治末期の国定教科書に使われた父親を呼ぶ言葉です。

これ以降、広まって一般化しました。

子供が敬って、また、親しみを込めて父親を呼ぶ言葉です。

妻や姑や他の家族が、子供の立場でその父親を呼ぶ場合にも用います。

反対語は「お母さん」です。

以下のように使います
お父さんと僕の考え方は違う
この間、君のお父さんにお会いしました
お父さんによろしく

「パパ」の意味

「パパ」は、「お父さん」「父親」のことです。

子供などが父親を呼ぶ言葉です。

幼児語的な呼び方です。

反対語は「ママ」です。

以下のように使います。

悪いことをするとパパに言いつけますよ
あなたのパパすてきね
パパ、お土産忘れないでね

<父の漢字>
字義は、「ちち・てて」「親族中の老年の男性・叔父など」「老年の男性に対する敬称」「男性の称・通常『ほ』」です。

解字では象形です。

「手に鞭を持つ形」にかたどられています。

これにより「一族の統率者」「父」を意味するようになりました。

「父上」の意味

「父上」は、自分や他人の父親の敬称です。

反対語は「母上」です。

古風な言い方です。

文章語です。

書簡などで使います。

※他人に対して自分の父親をいう場合は、謙譲の意味で「父」を用いるのが一般的です。

以下のように使います。

父上に相談したいことがあります
お父上はお元気ですか

<おやじ>
「おやじ」は、「お父さん」「パパ」「父上」の類語です。

「親父」「親爺」「親仁」とも書きます。

父親を呼ぶ時、親しみを込めて使う言葉です。

子供の年齢が比較的高い場合に用いられます。

通常、男性が使います。

「なあ、おやじ、車かってくれよ」「君のおやじさんは元気かい」のように使います。

「お父さん」」は子供が親しみを込めて父親を呼ぶ言葉、「パパ」は「お父さん」「父親」の幼児語的な呼び方、「父上」は、自分や他人の父親の古風な呼び方です。

「お父さん」「パパ」「父上」「おやじ」は、類語です。

共通する意味は「父親を敬い、あるいは親しんで言う言葉」です。

四語とも子供が父親に向かって呼び掛ける時に用いる言葉です。

「お父さん」または「父さん」が最も一般的です。

「お」をつけずに「父さん」と言う場合は、よりくだけた言い方になります。

「パパ」は、子供の年齢が低い場合に用いられます。

主に、男性が使います。

「父上」は、父を敬って言う言葉です。

現代では主に文章語で用いられます。

一般的に、話し言葉としては用いられません。

「お父さん」や「パパ」は、子供からそのように呼びならわされている場合、父親が自分のことを指す時にも用いられます。

また、妻や姑などの他の家族が子供の父親を呼ぶ場合にも使われます。

おすすめの記事