パーカッションは「ポピュラー音楽でドラム以外の打楽器のこと」。

「打楽器」と言い換えると分かりやすい。

打楽器は「叩いて音を出す楽器のこと」。

「叩く楽器」と言い換えると分かりやすい。

パーカッションは打楽器のことです。

ポピュラー音楽ではドラムと別けているようですが、ドラムに入っているシンバルもパーカッションとしていることは厳密な区別はないのでしょう。

「パーカッション」は打楽器のことです。

「パーカッション」と言うとかっこが良い言葉に聞こえますが、打楽器のことをいいます。

しかし、ポピュラー音楽の世界ではドラムの存在が強烈なため、ドラム以外の打楽器のことを言うようになっていて、ドラマーとパーカッショニストとは区別されるのです。

「パーカッション」と言われる楽器は様々で例えば、「タンバリン・トライアングル・コンガ・ボンゴ・カスタネット・マラカス・ハンドベル・ギロ」など多くの種類が存在します。

「打楽器」は多くの物が存在します。

「打楽器」はバチ類や手の平などを使い叩いて音を出す楽器の総称です。

その種類は様々で多くの物が世界中にあります。

オーケストラでは打楽器と言えば、ティンパニー・大太鼓・小太鼓・シンバル・トライアングルなどを思い浮かべますが、音楽で使う打楽器は例えば、「タンバリン・カスタネット・マラカス・ギロ・ボンゴ・ハンドベル・シンバル・銅鑼」など多彩です。

ポピュラー音楽ではあえて「打楽器」を「パーカッション」と呼びます。

「パーカッション」はドラムセット以外の打楽器のことを、ポピュラー音楽では言います。

ドラムセットでは大太鼓のバスドラム・小太鼓類のトムそして数個のシンバル類が基本で、その他タンバリン・他のシンバルなどは必要に応じて加えます。

シンバル類が入っていてもドラムと言いますので、厳密なパーカッションの定義は曖昧です。

パーカッションは打楽器のことを言います。

「打楽器」は叩いて音を出す楽器の総称です。

二つのものを合わせて打ち鳴らすカスタネット・シンバル、バチなどを使い打ち鳴らす「太鼓類・木琴・鉄琴・ゴング」など、振って音を出す「マスカラ」、他には擦って音を出すものや、足を使い鳴らすものなど多彩です。

ポピュラーでは「パーカッション」はその中でもドラムセットを除いた打楽器のことを指します。

おすすめの記事