オーボエは「リードが二枚ある木管楽器のこと」。

「ダブルリード楽器」と言い換えると分かりやすい。

ファゴットは「大型でリードが二枚ある木管楽器のこと」。

「大型オーボエ」「バスーン」と言い換えると分かりやすい。

イングリッシュホルンは「オーボエより低い音が出るリードが二枚ある木管楽器のこと」。

「ダブルリード楽器」と言い換えると分かりやすい。

クラリネットは「リードは一枚の木管楽器のこと」。

「シングルリード楽器」と言うと分かりやすい。

「オーボエ」は高い木と言うフランス語です。

「オーボエ」はリードを口に咥え、二枚振動させて音を出す木管楽器の一種です。

黒色の筒に穴がたくさん開いているもので、穴を指で掛けたり閉じたりして音階を出し演奏するオーケストラに欠かせない楽器です。

コンサート演奏の開始前に「オーボエ」はオーケストラの全楽器の音合わせのために、真っ先に「ラ」の音が吹かれます。

これは不安定な「オーボエ」の音に他の楽器が合わせざるを得ないためと言えます。

「ファゴット」はバスーンとも呼ばれています。

「ファゴット」は管を二つ折りにしたダブルリードの木管楽器で、二つ折りにした管を伸ばすと長さが260センチにもなる大型楽器です。

従って出る音は低い音になります。

息を吹き込む部分は金属で出来たボーカルと言い、先にはリードが二枚付いています。

茶色の管にはたくさんのキーと呼ばれる指で開閉する部品が付いていて、演奏はかなり難しい感じがします。

「イングリッシュホルン」はレァな木管楽器です。

「イングリッシュホルン」はいわゆる金管楽器のホルンではなく「イングランドのホルン」と言う珍しい木管楽器の一種です。

ダブルリードで演奏する仲間で「コーラングレ」とも言われ、作られた当初角笛のように半円形に曲がった形をしていたことからホルンと言う名が付いたものです。

大型のオーボエの外観を持っていてより低音が出せます。

「クラリネット」はブラスバンドのメロディー役です。

「クラリネット」も木管楽器の仲間ですが、「オーボエ」「ファゴット」「イングリッシュホルン」のようなダブルリード式ではなく、シングルリードで演奏する楽器です。

オーケストラも勿論、ブラスバンドでもメロディーを担当する重要な楽器です。

比較的指使いが楽で、他の楽器より高い音が出ますし、ジャズなどでも使われる人気の楽器です。

おすすめの記事