アコーデオンは「左手で蛇腹を動かし、右手で鍵盤を操作する楽器のこと」。

「蛇腹鍵盤楽器」と言い換えると分かりやすい。

バンドネオンは「左右の手で蛇腹を動かし、左右の手でボタンを操作する楽器のこと」。

「蛇腹ボタン楽器」と言い換えると分かりやすい。

アコーデオンとバンドネオンは同じ蛇腹楽器ですが、大きさ・演奏方法・存在目的などは異なるものです。

「アコーデオン」は和音付きの楽曲を演奏します。

「アコーデオン」は肩から吊り下げて胸に楽器を構え、左手で蛇腹を左右に動かして右側にある鍵盤を操作して曲を演奏する楽器です。

胸が隠れてしまう程の大きさがある楽器で、日本では「手風琴」とも言われる蛇腹楽器です。

左側にはボタンがあり、鍵盤の高音メロディに対し低音の和音を担当するのです。

また、種類によっては管楽器・バイオリン・オルガンなどに模した音色に変えることも出来ます。

「バンドネオン」は伴奏用として知られています。

バンドネオン」も蛇腹楽器で、アコ―イデオンと同じに考えられることもあります。

しかし、「バンドネオン」の真骨頂は何といってもタンゴの端切れの良い「ザッザッ」と言う和音なのです。

膝の上、または片膝に置ける中型のもので重さも~6キロぐらいしかありません。

左右の手で左右に蛇腹を動かし、左右にあるボタンを押すことで演奏をします。

伴奏だけでなくメロディも出せますので、ボタン式アコーデオンと言っても良いものです。

「バンドネオン」は「アコーデオン」でもあり、そうでもないもの
「バンドネオン」は伴奏用のイメージが強い楽器のため、「アコーデオン」のように曲を弾くことはないと思い勝ちですが、単独でもアコーデオンと同じように曲が弾けるのです。

そのためアコーデオンに含めることもありますが、演奏法がボタンのみであることから、アコーデオンとは異なるとも言えます。

「バンドネオン」はやはりアルゼンチンタンゴの伴奏が一番良いと感じます。

「蛇腹楽器」

蛇腹楽器は蛇腹を動かすことで風を起こし、鍵盤やボタンに付いているリードを震わせてオルガンのような連続音を出す楽器のことで、「アコーデオン」や「バンドネオン」のことを、また、バンドネオンの原形となる「コンサーティーナ」も含みます。

「アコーデオン」は右の鍵盤と左のボタンを使い、「バンドネオン」は左右にあるボタンのみで演奏します。

おすすめの記事