「本膳料理」は、正式の日本料理の膳立てのことです。

室町時代に武家の礼法として確立しました。

「懐石料理」は、茶道で用いられる料理です。

今日の「懐石料理」は、千利休が完成したと云われます。

料理の調理法や品数に決まりがあります。

「会席料理」は、宴会向き供膳料理のことです。

会席膳で供します。

会席膳は、一尺二寸四方の膳で、脚は無く、黒塗・朱塗などがあります。

「本膳料理」も「懐石料理」も「会席料理」も英訳する場合、以下のように訳されます。

「A meal of dainty and refined Japanese dishes, each served individually 」

「本膳料理」の意味

「本膳料理」は、正式の日本料理の膳立てのことです。

室町時代に武家の礼法と共に確立し、江戸時代には内容・形式ともに発達しました。

本膳・二の膳・三の膳から成り、最も鄭重(ていちょう)な場面では、さらに与(よ)の膳・五の膳を供します。

一汁三菜・二汁七菜・三汁七菜・三汁九菜・三汁十一菜などの種類があります。

一汁三菜は、みそ汁・なます・煮物・香の物から成ります。

焼き物や口取りは持ち帰る習慣がありました。

「懐石料理」の意味

「懐石料理」は、茶道で用いられる料理です。

古くは、禅院であたためた石を懐に入れて空腹をしのいだことから出た言葉です。

このことから、料理は禅宗の影響を受けて、山海の珍味ではなく季節の物を茶人である亭主が手料理でもてなすことを基本としました。

今日の懐石料理は、千利休が完成したと云われます。

料理の品数にも決まりがあり、一汁一菜・一汁二菜・二汁三菜の三段階です。

これらの料理法や材料の扱い方にも古来のしきたりがあります。

年間を通じて行われる正式の茶事は、正午に始まるのが通例とされます。

「会席料理」の意味

「会席」は、多くの人が集まることですが、江戸時代には、連歌や俳諧の席に料理が出されました。

その際、本膳を簡略化した「会席料理」を供しました。

「会席料理」は、じょじょに変化して酒宴の席の上等な料理となりました。

「会席料理」には会席膳を用いました。

会席膳は、一尺二寸四方の膳で、脚は無く、黒塗・朱塗などがあります。

通常、初めに、杯・刺身・汁などを配膳し、次に、他の料理を配膳します。

酒と料理が終わってから、みそ汁と香の物でご飯を供します。

料理の内容と順番は、「吸い物」→「刺身」→「口取り」→「鉢肴・うま煮」→「酢の物」→「和え物」→「止め椀」の七品目です。

最近は、西洋料理・中華料理の手法も加わり形式にあまりこだわらなくなってきています。

「本膳料理」は正式の日本料理のこと、「懐石料理」は茶道で用いられる料理、「懐石料理」は宴会向き供膳料理のことです。

「本膳料理」は、本膳・二の膳・三の膳から成る正式の日本料理のことです。

料理の数によって、さらに与(よ)の膳・五の膳を添える場合があります。

冠婚葬祭の用いる儀式料理として江戸時代に完成されました。

「懐石料理」は、茶道で用いられる料理です。

古くは、禅院であたためた石を懐に入れて空腹をしのいだことから出た言葉です。

このことから、料理は禅宗の影響を受けて、山海の珍味ではなく季節の物を茶人である亭主が手料理でもてなすことを基本としました。

「会席料理」は、本膳を簡略化した「会席料理」のことです。

また、宴会向き供膳料理のことです。

会席膳で供します。

おすすめの記事