ラッキョウは「ネギの仲間で主に漬物にして食べるもののこと。」

「甘酢漬物」と言い換えると分かりやすい。

エシャロットは「玉ネギの変種のこと」。

「小タマネギ」と言い換えると分かりやすい。

ラッキョウは辛いため塩漬けや甘酢漬け・醤油漬けなどにして食べます。

甘酢漬けのものはカレーライスに福神漬けと共に必ずと言ってよいほど添えられるものです。

「ラッキョウ」は漬物にします。

「ラッキョウ」はヒガンバナ科ネギ属の植物で、仲間にはニラ・ニンニク・エシャロットなどがいます。

強い辛みがあるため、漬物にして食べるのです。

軟白栽培をして若いうちに収穫した「若ラッキョウ」は特に日本では「エシャーレット」と言います。

名前が似ているため良く間違われる小タマネギの「エシャロット」とは違います。

「エシャロット」は小さいタマネギ
「エシャロット」はタマネギの変種として作られたものです。

小さなタマネギの姿をしています。

ラッキョウの「エシャーレット」と名前が非常に似ていますが、その理由は売り出すときに「根ラッキョウ」をしゃれた名前の「エシャーレット」として販売しためです。

「エシャロット」はフランス料理に欠かせない香味野菜になります。

「ラッキョウ」と同じなのは「エシャーレット」、タマネギと同じなのは「エシャロット」
「ラッキョウ」の「根ラッキョウ」は辛みがなく食べやすく軟白栽培された「エシャーレット」です。

生で味噌に付けて食べます。

「エシャーレット」は「根ラッキョウ」の商品名としてつけられたものです。

「エシャロット」はフランス料理に使う香味野菜でタマネギの小さいものです。

名前が混同されることがあるので注意が必要です。

「ラッキョウ」「エシャロット」

「ラッキョウ」はネギの仲間で、辛みが強いため甘酢漬け・塩漬け・醤油漬けなどにして食べます。

「エシャーレット」は辛みの無い栽培をしたラッキョウの若いものです。

辛みがないを付けてそのまま食べられます。

「エシャロット」はタマネギの仲間です。

小さい形のタマネギとなり、香味野菜としてフランス料理に良く使われます。

おすすめの記事