手切れ金は「縁切りのために渡すお金のこと。」

「縁切り金」と言い換えると分かりやすい。

慰謝料は「法律に従い支払うお金のこと」。

「賠償金」と言い換えると分かりやすい。

手切れ金は不倫の男女の仲を解消するために、どちらか一方より任意で渡す金です。

慰謝料は男性からの離婚に関しては女性への賠償金・子供の養育費などを、法的に請求する正当なお金のことです。

「手切れ金」は任意のもの
「手切れ金」は不倫解消のために恋人に渡すお金です。

任意ですがそれ相当の額でないと相手は納得しないものです。

後くされのないように文書を取り交わしておく必要があります。

金額・日時・関係を解消すること・口外しないことなどが盛り込まれます。

金額は一括現金払いとします。

分割は後を引くことになり避けるべきことです。

「慰謝料」は離婚のとき発生します。

「慰謝料」は損害賠償の意味もありますから、あらゆるケースが考えられますが、多くは離婚裁判での慰謝料になります。

夫か妻のどちらか一方に非があると、裁判で慰謝料の請求をされるのです。

非がない方への謝罪料や子供がいれば養育費も加算されます。

法的強制力がありますから、手切れ金とは異なります。

示談になることも多いのでやはり文書で残す必要があります。

「手切れ金」は任意、「慰謝料」は強制的なもの
不倫は「手切れ金」で示談をし、離婚は裁判で示談に持ち込み「慰謝料」を貰います。

「手切れ金」は強制力がないのですが、関係を清算したければ相当額を積む必要があることを覚悟しなければなりません。

離婚も調停段階で示談が成立することが良いのですが、こじれた場合は裁判になります。

なるべく示談に持ちこみ金額の折り合いがつくことが早く分かれるコツです。

「手切れ金」「慰謝料」

「手切れ金」は不倫相手に渡すお金のことです。

昔はなみだ金で済ますこともありましたが、現代は女性が強くなりかなりの額を支払うことになります。

二人の間でも示談書の作成は必要なものです。

「慰謝料」は離婚のとき相手に支払うお金のことです。

損害賠償的な要素もあり、謝罪と養育費などでかなりの額となります。

「手切れ金」も「慰謝料」も「縁切り」をするわけで、金額に注文をつけることは避けるべきなのです。

おすすめの記事