悪童は「いたずらが過ぎる子供のこと。」

「いたずら好き」と言い換えると分かりやすい。

ガキ大将は「子供仲間でリーダーシップのある子供のこと」。

「子供ボス」と言い換えると分かりやすい。

いたずらは一概には悪いこととは言えません。

いたずらも考えなければ出来ないことで、行動力も必要なのです。

ただ、行き過ぎたいたずらは手に負えないことになり、自制心が働かないという面では悪いことになります。

「悪童」はどこにでもいる子供
子供は元来いたずら好きでなければ困ります。

子供の成長にはいたずらは欠かせないものなのかも知れません。

大人にとっては困ることですが、許されるいたずらは多めに見た方が良いのです。

度が過ぎてくると戒めなければなりません。

それは子供のためと言えます。

子供は自制心などありませんから、大人が教える必要があるのです。

「悪童」になった子は成長するとシッカリ者に変身することもあり、悪の道に走る者もいます。

「ガキ大将」は自制心があるものがなっています。

「ガキ大将」は子供仲間のリーダー的存在で、悪童はなれないものです。

ガキ大将は皆から慕われなければなりませんが、悪童はごく一部の悪童にしか慕われません。

「ガキ大将」になる子供は、それなりの性格と度量を持っているもので喧嘩の仲裁やいがみ合いなどを止めさせることや、遊びを考え弱いものに味方するヒーローのような存在なのです。

「悪童」は「ガキ大将」ではありません。

「悪童」はいたずら好きですから、集団の嫌らわれ者的存在です。

小学生のころは「ガキ大将」が皆を引っ張り遊んだものですが、成長すれば次第にいなくなります。

「悪童」も自然と姿を消すのですが、人間は成長すれば自制心や羞恥芯により、いたずらなどはしなくなるためです。

「悪童」は成長するとヤンキーになる可能性はありますが、「ガキ大将」は社会的なリーダーになることが多いと思われます。

「悪童」と「ガキ大将」

「悪童」はいたずらが過ぎて、大人でも手に負えないと感じる子供のことです。

集団ではどうしても嫌われ者になります。

「ガキ大将」は遊びなどを主導しているリーダー的な子供で、皆に好かれるタイプです。

性格的には「ガキ大将」はある程度の人格を持っているのですが「悪童」は自己主義で他人に迷惑をかける困った存在です。

おすすめの記事