マイノリティは「少数派のこと」。

「少数弱者」と言い換えると分かりやすい。

マジョリティは「多数派のこと」。

「多数」「少数強者」と言うと分かりやすい。

マイノリティは数が少ないことですが、主には「性的弱者」「社会的少数者」のことを言います。

マジョリティは多数派の意味で社会を構成している人々のことを言います。

「マイノリティ」は「性的少数者・社会的少数者」のことを主に言います。

「マイノリティ」は普通「LGBT」と呼ばれる「同性愛者」「両性愛者」「性的同一障害者」などのことを指します。」

人口の3~5%とされる人たちです。

多数派の人たちと同等に生きられる社会が叫ばれています。

もう一方の「マイノリティ」は「少数民族」の人たちです。

世界には多くの少数民族がいます。

日本でもアイヌ民族や在日朝鮮人がいますし、多くの国には存在しているものです。

差別や迫害の対象となっています。

「マジョリティ」は多数派のことです。

「マジョリティ」は集団の中で大部分になる存在です。

現在の日本は大和民族ですし、アメリカは白人という訳ですが、将来は構成比が逆転する可能性があります。

支配層が強く、少数派にも関わらず実質的なマジョリティとなっている場合もあります。

アパルトヘイト・宗主国・特権支配階級にいる人は少数にも関わらず、多くの民衆を支配しているのです。

「マジョリティ」と「マイノリティ」では「マイノリティ」が問題となり易い。

「マイノリティ」は「マジョリティ」の中の一部ですから、当然一緒の社会に生きなければなりません。

そこで「マジョリティ」の人々偏見・差別・迫害を恐れて生きなければならないのです。

少数民族はその国の同化政策という迫害にしばしば遭っているのです。

「LGBT」もしかりで、世界ではこれらのことに前向きに対処するべきという方向にありますが、まだ迫害は続いています。

「マイノリティ」と「マジョリティ」とは。

「少数派」「多数派」という基本的な意味がありますが、「マイノリティ」は「LGBT」「社会的少数者」「少数民族」などの社会的弱者と思われる人たちのことを意味します。

「マジョリティ」にある人たちは弱者に対する偏見や差別・迫害を止めて社会の一員として扱う必要がありますが、一部の国ではまだ同化政策を強行しています。

おすすめの記事