はすっぱは「性的に軽薄な女性のこと」。

「接客女性」と言い換えると分かり易い。

あばずれは「ずうずうしく品行の悪い女性のこと」。

「売春婦」と言い換えると分かりやすい。

「はすっぱ」も「あばずれ」も身を持ち崩した女性に使われる蔑視言葉ですが、現在はセクハラ用語になり日常会話では滅多に耳にしませが、一部の世界では隠語として生きているかも知れません。

「はすっぱ」は「ハスの葉」のことから転じた言葉です。

「はすっぱ」は江戸時代に大阪商人の集まりに駆り出された接待女性のことを言い、盆にしか売らない際物売り「ハスの葉」から時期限定という意味で雇われた女性のことです。

身持ちなどが分からない事情の人が多かったことから、性的に軽薄な女性という意味になったものです。

現代ではセクハラとなりますので死語になりつつあります。

「あばずれ」は「あば」という「暴くれ者」から転じた言葉です。

「あばずれ」は「暴くれ者」から転じて軽率・軽薄な女性、売春婦のことを言うようになったものですが、現代ではセクハラの最たる言葉として言わなくなりました。

「はすっぱ」と同義の言葉ですが、女性蔑視用語なので死語となるでしょう。

時代劇でたまに聞かれますが、原作に忠実にという但し書きのもとに使われているようです。

「はすっぱ」も「あばずれ」も死語です。

江戸時代に盛んに使われ、最近まで耳にしていた言葉なのですが、世の中の男女平等の波に押され滅多に口にできない言葉になりました。

たまに時代劇に名残が聞かれるのみとなった死語となった言葉と言えます。

しかし、現代でも一部のヤンキーや暴力団関係・売春組織にいる女性のことを言う隠語として使うことがあるかも知れません。

「はすっぱ」「あばずれ」とは。

「はすっぱ」は「ハスの葉」のことで、江戸時代に盆にのみ飾るハスの葉から、期間が限定されて雇われた接客女性のことを指しました。

「あばずれ」は語源が「暴くれる」から来ている言葉で、すさんだ女性のことを指します。

「はすっぱ」も「あばずれ」も現代の死語となっているのですが、一部の隠語として使われている可能性はあります。

おすすめの記事