直観的は「既存の知識で物事を瞬時に判断する様子のこと。」

「洞察力」と言い換えると分かりやすい。

直感的は「感覚で瞬時に物事を判断する様子のこと」。

「感覚力」と言い換えると分かりやすい。

感覚的は「物事を感覚で判断する様子のこと」。

「観察力」と言い換えると分かりやすい。

「直観的」「直感的」は瞬時に行うこと、「感覚的」はある程度の時間があることの違いと「直観的」は知識に照らして判断することで、「直感的」「感覚的」は感覚で判断することです。

「直観的」は瞬時に取得済みの知識で物事がどういうものか判断します。

「直観的」の「直」は瞬時のこと、「観」は考えることですから「直観的」は「瞬時に考えて判断すること」になります。

例えば「この計画を聞いて直観的に計画の本当の目的・裏事情を見抜いたことは素晴らしい」「直観的に論文の素晴らしさを見抜いた」「なぜ対立候補は立候補したのか直観的に言い当てた」と使い、瞬時に「これはこういうこと」と言い当てることです。

「直感的」は五感を駆使して瞬時に判断することです。

「直感的」の「直」は瞬時、「感」は五感のことですから「直感的」は瞬時に五感を駆使して、物事を判断することです。

具体的には視覚や聴覚になりますが、ものを見たり音を聞いたりしただけで「これはこういうもの」と言い当てることです。

例えば「有名画家の掛け軸を見て、直感的に贋作だと見抜いた」「老人はレゲエを聞いてつまらない音楽だと直感的に思う」と使います。

「感覚的」は五感が優れていることです。

「感覚的」は五感で物事を判断することですから、五感力が優れていると思われます。

見る・聞く・味わう・触る・匂いを嗅ぐという五つの感覚のどれかが優れていることです。

「目の不自由なピアニストはオーケストラ共演の際は、指揮者の呼吸音を感覚的にとらえて出だしのタイミングを計ると言います」「感性の鋭い写真家は夜明けの雰囲気を感覚的に捉え、素晴らしい一枚を撮ります」などと使います。

「直観的」「直観的」「感覚的」の違いとは。

「直観的」は自分の持つ知識や経験を駆使して瞬時に物事を判断する様子です。

「直感的」は五感を駆使して瞬時に物事を判断することです。

「感覚的」も五感を駆使して物事を行うことや判断することです。

「直感的」は洞察力に長けていることで、「直感的」は観察力がしっかりしていることです。

「感覚的」は頭で考えるより五感に頼ることです。

おすすめの記事