才女は「学力にたけた女性のこと。」

「秀才女性」と言い換えると分かりやすい。

才媛は「あらゆる才能にたけた女性のこと」。

「女性誉め言葉」と言い換えると分かりやすい。

才女は昔からいる頭の良い女性で男性顔負けの人のことです。

才媛も才女のことですが、今では披露宴で聞かれる花嫁への最上級の誉め言葉となっています。

「才女」は秀才女性のことです。

「才女」は「才たけた女性」の、秀才として学力はもとより処理能力にも優れ判断力、決断力、洞察力などを持ち合わせている女性のことです。

昔は文学的才能しか発揮できなかったのですが、多様化した現代では様々な能力が発揮出来るのです。

今までも女性の社会進出の魁にもなってきた存在で、これからも男女平等社会のけん引役となるでしょう。

「才媛」は「才女」にプラス要素がある人です。

「才媛」の「媛」は「美しい・たおやか・姫」という意味合いのある感じですから「才媛」は女性にとり最上級の誉め言葉になります。

「頭が優れ・美しい容姿を持ち・女性らしいたおやかさが感じられ・気品が備わっている」というこれ以上はないという誉め言葉で、現実にはそのような人はまれですから、この言葉は社交辞令的に結婚式披露宴で使われるのです。

「才女」が「才媛」と言われれば最高です。

「才女」と言われて成長した女性は披露宴で「才媛」とお世辞を言われても皆が本当にそうだと納得する女性なのです。

そうすれば女性としては最高の栄誉と言えるでしょう。

男性から見るとそのような女性は高値の花と映り近寄りがたい存在なのですが、このような人でも男性を見下さずに平等に扱ってくれれば最高の人間として言うことないのです。

「才女」と「才媛」とは。

「才女」は学力に優れた女性として子供のころから一目置かれる存在で、成長しても周囲から善望の眼で見られるのです。

しかし、ともすれば男性を見下す態度が見えれば男性は敬遠の対象としてしまい、婚期が遅れるか結婚と無縁になりかねません。

「才媛」は「才女」に欠けているしとやかさや思いやり、気品などがあり、男性にも優しさをもって接しますので、男性から見ても最高の女性に映ります。

おすすめの記事