剽軽者は「すぐにおどけた言動が出来る人のこと。」

「ピエロ」と言い換えると分かりやすい。

お調子者は「勝手に調子に乗り、その場に相応しくないことをしてしまう人のこと」。

「行き過ぎ行為者」と言い換えると分かりやすい。

剽軽者もお調子者も集団の中には何人かはいるものです。

飲み会などでは座を盛り上げる役者として重宝がられます。

「剽軽者」は素質です。

「剽軽者」はいつでもおどけている訳ではなく、何かの拍子におどけた言動がすぐに出来る人のことです。

事前に考えていても出来ることではないので、そのような素質がある人と言えます。

いつも誠実な人が急に剽軽なことをすると受けるかも知れません。

剽軽さは誰でもあるもの・できるもので、特定の人のものではないのです。

「お調子者」は性格です。

「お調子者」は困った性格と言えます。

すぐに度を外す癖があることで、場の空気を大事にしないことが良くあります。

調子に乗ることは悪いこととは言い切れませんが、一人良い気分になることは、集団の中ではまずいことと思わねばなりません。

このため、「このお調子者がいい加減にしろ」と咎められることが多いと思います。

「剽軽者」の方が「お調子者」より喜ばれる。

「剽軽者」が剽軽な言動をタイミングよくしたならば、周囲は失笑をするか笑うでしょう。

つまり、咎められることはほとんどないかも知れません。

しかし、「お調子者」が調子に乗って一人芝居をすれば場はしらけてしまい、お咎めを受けることになるのです。

飲み会などでは「お調子者」より「剽軽者」が比較的好まれるのです。

「剽軽者」と「お調子者」とは。

「剽軽者」はタイミングよくおどけた言動が出来る人のことで、誰にでもできることなのですが意識しては出来ない行為です。

それが出来る人はそのような素質があると言えるのです。

「お調子者」は困った性格と言え、自分よがりなこと・その場をシラケさせることをして、咎められることもあります。

飲み会では比較気「剽軽者」が好まれます。

おすすめの記事