愚者は「知識や常識・理解力があるのにバカなことをしてしまう者のこと」。

「意識的愚者」と言い換えると分かりやすい。

馬鹿者は「知識が劣る者、常識がない者、理解力が劣る者のこと」。

「無意識的愚者」と言うと分かりやすい。

愚者はおろかな行為と分かっていてもしてしまう人のことです。

馬鹿者は一般より劣るとみなされている人のことで、愚かな行為をしても、無意識に行うと考えられるので自覚があまりありません。

しかし、「愚か者」「も「馬鹿者」も同義で使うことが多いものです。

「愚者」とは愚かな行為をしてしまう人のことです。

「愚者」は「愚か者」とも言いますが、「馬鹿者」と同義でもかまいません。

しかし、馬鹿ではありませんから、常識・知識・判断力・理解力などは普通に持ち合わせている人が、何等かの事情で愚かと思われる行為をしてしまう人です。

「劣った考え」「間違った方針」「やってはいけないこと」「借金」「喧嘩」「反目」など、世間で「愚者・愚か者」と言われる行為をする人です。

「馬鹿者」は馬鹿な人のことです。

「馬鹿者」は普通の人より明らかに劣ると感じられる人、または何か「馬鹿な事」をしてしまった人などを言います。

例えば「ギャンブルに深入りして借金を作るような人間は馬鹿者だ」「馬鹿者を相手にしていてはこちらが馬鹿になりそうだ」「あんな相手に立ち向かうなど馬鹿者がすることだ」などと使い、自分ではまともな言い訳があるのに、周囲に馬鹿をしたと言われれば「馬鹿者」になります。

「愚者」と「馬鹿者」は同じです。

「愚者」「愚か者」は昔のいい方、「馬鹿者」は現代の言い方と言えます。

「愚者」は普通の人、「馬鹿者」も普通の人が場合によればそのように非難されるのです。

いわゆる6劣る「馬鹿」な人は、周囲や世間の人はそのようには言いづらいのです。

ですから誰でも場合によっては「愚者」「馬鹿者」と非難される可能性があるのです。

「愚者」と「馬鹿者」とは。

「愚者」は「愚か者」で「馬鹿者」と同じ意味になります。

何か非難に値する行為をしてしまったら「愚者」「馬鹿者」というレッテルを張られるでしょう。

注意をしてしても、事情がある場合はやむを得ずしてしまうこともあります。

しかし、「馬鹿者」が劣る「馬鹿」であれば無意識に「やってはいけないこと」をするかも知れません。

おすすめの記事