「着手」は、ある仕事に取り掛かることです。

英語では「to start」「start」で表されます。

「仕事に着手する」は「go to work」「set to work」です。

「手を付ける」は、物事に着手することです。

使い始めることです。

「始める」という意味の場合「start」で表されます。

「女性と関係する」という意味の場合「seduce・誘惑する・口説く」を用います。

「他人の金に手を付ける」という意味の場合「pocketed one’s money」です。

「手を染める」は、ある物事をし始めることです。

かかわりあいを持つことです。

英語では「start」「begin」で表されます。

「着手」の意味

「着手」は、「手を付けること」「取り掛かること」「し始めること」です。

ある仕事に取り掛かることです。

法律に於いては、「犯罪の実行の開始」を意味します。

つまり、犯罪構成要件の一部が実現されたことを意味します。

実行の着手の有無により、未遂・予備・陰謀などに区別されます。

例えば、窃盗犯で金品を物色する行為は「着手」です。

「著手」とも書きます。

以下のように使います。

新しい事業に着手する 研究に着手する
次の仕事に着手する

「手を付ける」の意味

「手を付ける」は、以下のような意味です。

①物事に着手することです。

取り掛かることをいいます。

②使い始めることです。

また、公金などを使いこむことです。

③目下の女性との関係を結ぶことです。

④料理などを食べ始めることです。

箸をつけることです。

以下のように使います。

新しい事業に手を付ける スープに手を付ける
次の仕事に手を付ける 貯金に手を付ける 公金に手を付ける
目下手を付けて調査しています どこから手を付けて良いものやら
藩主が手を付けたお女中

「手を染める」の意味

「手を染める」は、ある物事をし始めることです。

事業などに関係を持つことです。

かかわりあいを持つことです。

「着手する」ことです。

以下のように使います。

新しい事業に手を染める 相場に手を染める
悪事に手を染める

<染の漢字>
字義は「そめる」「そまる」「しみ」です。

解字では、「氿+木」で構成されます。

「氿・き」の部分は、「穴から湧き出る泉」を表します。

「木」を付して「樹液で染める」を意味します。

「着手」は ある仕事に取り掛かること、 「手を付ける」は 物事に着手すること、また、使い始めること、 「手を染める」は、 ある物事をし始めること、また、関係を持つことです。

「着手」「手を付ける」「手を染める」は、類語です。

共通する意味は「あることに取り掛かること」です。

「着手」は、三語の中ではやや改まった言い方です。

事業・研究・仕事など、多くの場合、目に見える業績になるような物事に取り掛かる時にいう言葉です。

「手を付ける」は、「着手する」とほぼ同様に用います。

「始める」という意味だけでなく、「ある対象との関係に入っていく」という意味もあります。

「新しいノートに手を付ける」「食事に手を付ける」のように使います。

「手を染める」は、「手を付ける」より古風な言い方です。

文章語的です。

特に決まった仕事や事業でなくても、ある方面・ある世界に入っていく場合に用います。

「手を付ける」は、先行き結果を出すことを念頭に置いていますが、「手を染める」には、そのようなことは特にありません。

おすすめの記事