草分けは「その分野の開拓者のこと」。

「創始者」と言い換えると分かりやすい。

開拓者は「その分野を切り開いた人のこと」。

「先駆者」と言い換えると分かりやすい。

草分けはある分野のことを、まず始めた人や組織のことです。

そのような人を創始者または開拓者などと呼びます。

初めて電球を発明したとされるエジソンは電球の草分けであり、創始者であり開拓者・先駆者なのです。

「草分け」はある分野ではじめに仕事をした人のことです。

「草分け」は原義では草深い土地を開墾したという意味です。

転じて初めてある分野を開拓し、新しい物を発明し、新事業を興すことを意味するようになりました。

例えば発明王トーマス・エジソンは新製品を発明し、世に広めた先駆者です。

様々な分野での「草分け」は必ず存在するもので、先人の努力が世の中を便利にしています。

「開拓者」は先駆者・創始者などのことです。

「開拓者」は新天地を行き、新しい土地を開墾するイメージがあります。

アメリカの西部開拓者はなどは有名です。

「開拓者」は初めて仕事をした人も言いますので、「創業者」「創始者」「先駆者」などの呼称で呼ばれます。

開拓は荒野や新天地・未開の土地・宇宙空間・惑星なども対象になり、新事業・発明などにも言えるのです。

うちの会長はこの分野の仕事を始めた「草分け」でもあり、「開拓者」でもあるのです。

ある会社の創業者でもある現会長は、この分野に目を付け苦労の末に事業を興した「草分け」的存在の人で「開拓者」でもあります。

会長がいたからこそ、現在の会社が発展出来、便利な商品が世の中に行き渡ったと言えます。

「草分け」「開拓」と言われる人は今までにない初めてのことを、信念をもって努力してものにしたのです。

「草分け」と「開拓者」とは。

「草分け」や「開拓者」はとにかくはじめてことを興した、大変に勇気のある先見の明を持つ優れた人物なのです。

会社を興したならば「創業者」となり、発明をすれば「草分け」「開拓者」「先駆者」となり、初めてのことを行えば「創始者」と言われるのです。

彼らは後々皆周囲や世の中から尊敬される伝説の存在となるのです。

おすすめの記事