ミクロネシアは「太平洋のニューギニア北部に点在する島々のこと」。

「マーシャル群島」と言い換えると分かりやすい。

ポリネシアは「太平洋のニュージランドとハワイとイースター島を結ぶ三角地域に点在する島々のこと」。

「ドンガ」と言い換えると分かりやすい。

メラネシアは「太平洋のニューギニアを含む付近に点在する島々のこと」。

「ニューギニア」と言い換えると分かりやすい。

「ミクロネシア」は4つの諸島から構成されています。

「ミクロネシア」はミクロネシア連邦・パラオ共和国のカロリン諸島、キリバス共和国のギルバート諸島、アメリカ統治のマリアナ諸島、マーシャル群島で構成されている地域の名前です。

主に火山島とサンゴ礁で出来た島になります。

太平洋戦争で日本やアメリカの影響を強く受け、戦後はマーシャル群島がアメリカによる原水爆実験の舞台となりました。

「ポリネシア」は太平洋の広大な範囲に広がります。

「ポリネシア」とは北はハワイ諸島、東はイースター島、南はニュージランドを結ぶ広大な三角地域に点在している数多くの島々のことです。

中でも日本に親しみあるトンガやサモアが有名です。

「ポリ」がギリシャ語で「多くの」と言う意味なので「多くの島=ポリネシア」と名付けられました。

独立国家としてはトンガ・ツバル・サモア・キリバス・ニュージランドになり、ハワイはアメリカ、イースター島はチリに属します。

「メラネシア」はニューギニア島と周辺の島々のことです。

「メラネシア」とはニューギニアを中心として周辺に点在している島々を含んだ名前です。

独立国家はパプアニューギニア・フィジー・ソロモン諸島・バヌアツの4か国で、他にフランス領ニューカレドニア・インドネシア領パプア州・同じく西パプア州があります。

現地の先住民は肌が黒く黒人と間違われたこともありましたが遺伝的には全く異なる人種です。

太平洋の南には様々な多くの島があります。

太平洋の南には「ミクロネシア」「ポリネシア」「メラネシア」地域があり、多くの島々が点在しています。

それらの地域には独立主権国家が多く存在し、トンガ・サモアなど日本とも関係が深い国があります。

多くは先住民が住んでいるのですが、彼らは太平洋戦争の強い影響を受けて政治的・宗教的・環境的にも変化を余儀なくされました。

おすすめの記事