流用は「ある決まった用途のものを他の用途に融通して使うこと」。

「融通使用」と言い換えると分かりやすい。

引用は「論文を書く時、他の文献から持ってくること」。

「借用使用」と言い換えると分かりやすい。

盗用は「盗んで自分のために使用すること」。

「パクリ」と言い換えると分かりやすい。

借用は「借りて自分のために使用すること」。

「許諾使用」と言い換えると分かりやすい。

「流用」は決まった用途のものを他に使うことです。

「流用」は例えば交際費にとっておいたお金を急遽、欲しかった電化製品を買う方に使うということです。

「流」という字は水の動きを意味しますから、水がある方向に流れるようにお金や物も決まった目的であったのに、やむなく別の用途に使うことです。

自分の所有物であれば問題はないのですが、ネット上のものを無断で使うことなどは問題があります。

「引用」は文献から引いてくることです。

「引用」は例えば論文を書く場合、すべてオリジナルの文章はなかなかかけませんので、ある事実や語句・文章は他の著書の一部を引いてきます。

その場合、どの著作からということをページ下や巻末に出展として明記する必要があります。

情報の出所が出典に明記されていればよいのですが、それをしませんと、著作権法違反になります。

「盗用」は他人の物を無断で使用することです。

例えば自分の論文に無断で他人の著書から引いてくることを言い、引く行為は同じでも相手の承認を得ていないので、引用ではなく盗用と見做されます。

また、知的財産である、特許・実用新案・商標・意匠等は盗用がしばしば社会問題になっています。

オリンピックのエンブレムでも問題が起きました。

特に国際間でいわゆる「パクリ」問題が起きると面倒になります。

「借用」は他から借りることです。

「借用」は借りることですが、相手からの承諾が当然必要になります。

それがないと盗用と見做されます。

例えば、学校の教室でケシゴムが無い場合、隣席の友達から借りて使用することは、友達の許諾を得るので借用になります。

お金も「他人から借用」すると言い、物やお金を他人から借りて自分の用途にする行為を借用と言います。

おすすめの記事